自分の最適な打点を見つける→移動を調整する

今はとにかく早く近くまで寄る、
としか考えていない。

自分がどこで打った時に一番いい球が行くのかを覚え、
移動距離が少なくて済む時には
必要以上に球に近づかないように意識して
無駄をなくしていこう。

やや体から離れたあたりが得意みたい。

動作の終了は不安定に

1つのショットの動作が終了したときに
バランスが良すぎるとそこで動きが止まってしまい、
次の動きへのつながりが切れる。

・前へ突っ込んだ時
上半身を打点側へ少し倒してヒザを張ることで、
逆サイドへの加速が出来る。

・前衛で横に飛んで打った時/サイドドライブから前へ/スマッシュからドライブへ
足の着き方を少し後ろに足を着いて上半身をネット方向へ倒して
膝を張り、次の動きにつなげる。

・手元で打つ/前で打つ球の用途を考えて選択する
早いタッチで打つ球は威力的に
体を入れて打った球には遠く及ばない。

今何がしたいのか?によって
使い分ける事が必要。

スマッシュからドライブに入った時には
ドライブが弱ければ簡単に後ろに差し戻される、
もっと悪いとカウンターをもらってしまう。

詰めれるくらいのしっかりした球を打つことが必要になり、
タッチよりも優先すべきは球威になる。

1点の重み


 序盤の1点と終盤の1点は同価値ではない。
 序盤に相手の苦手なポイントを探せたとして、
 そこで引き離したとしても
 徐々に相手も慣れてくる。
 そうなるとゲーム終盤に改めてポイントを探さなくてはならない。
 序盤にポイントを見つけても、
 そこを隠したままシーソーゲームでもつれこみ、
 仮にそれ以外のポイントを探せなかったとしても、
 最初に見つけたポイントを終盤に攻めるという選択肢がある分
 精神的な余裕にもつながる。

選択肢を複数持つ


 打つ直前に相手や状況を見て判断して
 次点のショットを選べるようにしておく。
 相手を、状況を見る、シンプルな動きで後出しが出来るように
 意識しておく。
 打つことに精いっぱいでは出来ない。

フォア奥からのショット

 ヒザを深く落として(抜いて)から
 骨盤を流して体重移動を行い加速する。
 打つ直前にもう一度体重移動を行いショットにつなげる。

 グリップをどこまで奥に差し込んで準備するかによってドライブか
 クリアーかが決まる。
 ドライブは引く(角度により調整)、
 クリアーは真下に引いて跳ね上げるイメージ。

つなぎの判断


 早い位置でタッチするのが正解とは限らない。
 後だしで判断することも正解の一つ。

 手元までしっかり待ってサイド奥まで返す、
 クロスのショートに逃げる、
 早いタッチで落とす、
 打ちにくい高さを狙って打たせる、
 相手の得意なポイントを避ける、
 などつなぎ方はいろいろある。

ヒザを深く落とし、骨盤への体重移動と運動方向を加える


 動き出しが悪いのは、
 シャトルがどちらに来るか判断しないうちに
 筋力に頼って床を蹴ってしまうから。
 どちらに来るのか判断し、
 瞬間的に膝を深く沈めてから骨盤へ伝える事で改善される。

 これはネットくぐりで身に着ける。
 少し離れた位置に立ち、
 深く膝を落とした勢いで骨盤を進行方向へ流し、
 進行方向へ膝を開く。
 くぐった後は状態が浮き上がらないように水平移動し、
 シャトルにタッチするイメージを持つ。

・骨盤及び背中の反りをつかむ


 ヨガポールでもテニスボールの筒でもいいので、
 腰のすぐ上に置き、
 首から順に背骨を1本ずつ持ち上げていく感じ。
 手は広げて置き、胴体が持ち上がるにつれて引っ張られてくるのに任せる。

 戻すときは腰の方から背骨を1本ずつ戻していく。
 腕が最初に落ちてこないように注意。

 これを腰の上、背中、背中上部、肩甲骨で行う。

つなぎの意味とは

つなぎ、中間でのやり取りは
相手にチャンスボールを上げさせる事が目的。

ここでいうチャンスボールとは
ネット前~ハーフぐらいに浮いた球を出させること。

そのためには、
あまり角度のないところで強く打ってアウトにしたり、
カウンターをくらうようなことがあってはいけない。
常にトッパンを維持するための羽根を出し続ける事。
角度が無ければ落とす、流して再度上げさせる、
返しづらいところに細かく正確に打って追い詰める。