オーバーヘッドのクロスショット

フォア側、バック側共に
「シャトルの後ろ」に入ることが肝要になる。

下ではスマッシュと思わせる事が出来ない。

フォア側
シャトルの後ろに入り、
スマッシュと同じくフルスウィングを心がける。
この時にラケットの持って行き方と
面の出し方をスマッシュと共通にすること。
カットの時は外から大回りするようになってしまうので、
ストレートのスマッシュと同じふりで入ろう。

ラウンド側
スマッシュと同じくフルスウィングを心がけたいところだが、
身体の使い方が下手なせいで
上手くスウィングにスピードが乗せれていない。
利き手と逆側の足を軸にした回転をもっと意識して
力の伝わるフォームを身に着けるようにしよう。

これもストレートのスマッシュを意識させるような
打ち方を目指す。
シャトルの後ろに入り、
ラケットの持って行き方が後ろから
大回りするような形にならない事。
また、体を入れたフォームでストレートを意識させる事。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック