スマッシュ時の肩甲骨の回転軸(バックハンドも)

肩甲骨の回転軸と
体の回転軸を合わせて使うのではなく、
肩甲骨を中心とした回転は
上から下(というか後ろから前?)にして
回転半径を小さくしてやることで
ヘッドスピードが上がる。
(力は変わらないからね)

体の前で打つのではなく、
肩甲骨をしぼって(胸を張って)引きつけて、
体の近くまでぎりぎり待ってから
肩甲骨を開くのと同時に縦回転させる。

もちろんこの時に腰の回転と
肩の回転も入れることを忘れずに。

オーバーヘッドでの中間の球もこれが応用できる。
高さがある場合は肩甲骨をしぼって開く縦回転の打ち方で強打が可能。
高さがない場合は潜り込んで胸を入れてやることで強打が可能。


バックハンドスマッシュの時は、
肩甲骨を開いて引きつけて、
体の近くまでぎりぎり待ってから、
肩甲骨をしぼるのと同時に縦回転させる。
この縦回転が通常のスマッシュと同様に力を伝える鍵。
この時に、レシーブの時と同様に
「瞬間的に肘の出し入れ」を行いヘッドスピードを上げる。


フォア側では
肩甲骨を縦回転させた時に、
勝手に肘の出し入れが行われてるはず。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック