肩甲骨からのしなりを柔らかく伝える=ヘッドを遅らせて出すこと


ただ順番に肩甲骨から関節を前に出すだけでは、
ヘッドを隠すことができないし、
腕を前に出す力だけになってしまう。


肩甲骨からしならせて力を伝えることで
1.ヘッドを遅らせて出処をわかりにくくさせる事が出来る
  (特にリバースカットが練習になる)
2.体の中心からの力を伝えることが出来るので球威が上がる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック