クリアーの打点

-------------------------引用------------------------------
日本では普通、フォア後方にシャトルが飛んできたら、
早く落下点の位置に下がり斜め前に打点を取って打つ、
バック後方に飛んできても同様に斜め前に打点を取つと指導するだろう。

フォア後方にシャトルが飛んできたら体を横に向け、
顔面の斜め上でヒットするのである。
言い換えれば体の横の上の方で打つということである。

 バック側で打つときの『頭上』というのも日本の前方斜め前とは違い
少し食い込まれた位置でのヒットということを言っている。

ヌサマハスリ練習DVDのどれをみても確かに彼らは、
フォア側のクリアーは体の横で打っており、
バック側はすこしくい込まれた頭上で打っている。

 この日本の打ち方とヌサの打ち方の違いは何を意味するのか?
大きな違いは、ヌサ方式だとあまり動かずに打つことができるということになる。

ただ、ゲームの時、早いテンポでのドリブンクリアーの応酬となれば、
だれでも図のようなヌサ式で打たなければならない。
実はレベルが上がれば誰でもヌサ式の打ち方で打っているのである。

また、逆に、高く甘いクリアーが上がり十分な余裕があれば、
ヌサの選手でも右図のようにシャトルの後ろに回りこんでジャンプスマッシュを打つのである。

 ここで、知っておかなければならないことは、基本を左図のようなものだと考え、
この状態で常に安定した送球をしようとする選手(ヌサの選手)と、
一方、基本は右図のようなものだと考え、
余裕がない時に仕方なく左図のように打つ選手(一般の選手)とでは、
クリアーの応酬をした時に、自ずと結果は変わってくる。

また、回り込むことを基本と考えると、
いかなる時でもシャトルの後ろに回り込もうとして、
長距離動きがちになる。
それでは、テンポの早いラリー応酬にはついていけなくなるのである。
------------------------------------------------------------------------

渡辺さんの講習で習ったこととも繋がってる。
特にバックは頭の後ろで処理するしね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック