コート奥のショットは構えを保った状態から一気に引きの動作を行う

フォア側
フォア高めのドライブと同じように、
体を開かず、
ラケットは前に出した状態のままシャトルの下に入り、
肩甲骨と方、肘、手首を一気に引く。
→最初から体が開いてしまうと力が出せないので注意
(結果的にはシャトルの軌道に対してラケットが真っ直ぐ入る形になる)

バック奥
フォア高めのドライブは体を開かないことがポイントだったが、
バック側では、ラケットは体の近くに保った状態から、
体のしなりを使って体の後ろでヒットする(但し、引きはしない)。
→最初からラケットを体から遠くにもっていってしまうと力が出せないので注意
(結果的にはシャトルの軌道に対してラケットが真っ直ぐ入る形になる

この記事へのトラックバック