失点が多いパターン

●2014市民総体(辻永くんと)
1.バック奥への長い球からクロスへのドライブが返ってきてノータッチ
  →後衛位置からクロスドライブ/ショート/クリアのリターン練習

2.相手ハーフ~ネット前でのノーモーションでのボディへのドライブが取れないorジャッジミス
  →基礎打ちプッシュをプッシュ&ストップに変更

3.相手の浮かないドライブに対しての処理ミス
  →前衛でのドライブ/ストップ練習

4.浮いてきた球を、体のしなりではなく腕だけでスウィングしてしまいバックアウト
 →前衛半面フリー(ハイペースでも体のしなりを使う練習)

5.サーブ3球目のハーフを前衛が処理出来ずお見合いにより失点
  →サーバーハーフ処理

6.相手ラウンド側からのクロススマッシュにノータッチ
  →椅子レシーブ練習(クロス)

7.サービスプッシュをバック側に浮かせて打ってしまい、ハーフに落とされて失点
  →余計なことをせずにすぐに落ちる羽を意識する

8.キツい球で振られたときに、無理にスマッシュを打ってしまい浮き気味orカウンターもらい失点
  →後衛つなぎ練習

9.ロングの甘いリターンからのネット前を取られるorカウンターをもらい失点
  →ロングのリターン練習(わざと遅れてのパターンも入れる)

この記事へのトラックバック