1つ上に上がるための体の使い方

球が来た瞬間の力みがあって、
手先で打つ形になっている。

脱力、及び骨盤の前をしっかり潰しておき、
予備動作なしで動きだせるようにしておくことが大事。

そのためにはギリギリまで待つことと観ること、
体幹を一瞬で動かす意識を持つ。


現在は、球が来ていない時には重心が浮いてしまっている。
これにより、球が来てから沈み込んでから追いかけるという形になり遅れる。

また、身体操作が出来ていないので、
どうしても手だけで打ってしまっている。
前で取るというよりもしっかり体までひきつけて体幹を使って打つ意識を持つこと。

この記事へのトラックバック