フェイントに引っかかった時は

従来の動き出しは、
みぞおちの平行移動→腰への伝導だが、
フェイントに引っかかった時は
重心が逆に向かっているので、
着地と同時に骨盤の前面を潰して足を緩ませたまま
後ろ側の骨盤の付け根~お尻を使って
骨盤を最初にシャトル方向に向けて、
その動きをみぞおちに伝えるという逆の動きになる。

足を緩ませて骨盤の後ろ側の付け根~お尻を使えれば、
自然と腰を通じて逆方向への力が伝わる。

足に力が入ってしまうと、
太ももの前面に力が入ってしまい動けなくなる

この記事へのトラックバック