仙北バドミントン

アクセスカウンタ

zoom RSS フェイントに引っかかった時は

<<   作成日時 : 2015/01/29 09:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

従来の動き出しは、
みぞおちの平行移動→腰への伝導だが、
フェイントに引っかかった時は
重心が逆に向かっているので、
着地と同時に骨盤の前面を潰して足を緩ませたまま
後ろ側の骨盤の付け根〜お尻を使って
骨盤を最初にシャトル方向に向けて、
その動きをみぞおちに伝えるという逆の動きになる。

足を緩ませて骨盤の後ろ側の付け根〜お尻を使えれば、
自然と腰を通じて逆方向への力が伝わる。

足に力が入ってしまうと、
太ももの前面に力が入ってしまい動けなくなる

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
フェイントに引っかかった時は 仙北バドミントン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる