スマッシュの方向にディセプションを入れる(入りから既にディセプションは始まってる)

  左クロスへ打つ時には引きが大きく、
 右クロスへ打つ時には引きが小さくなっているので分かりやすい。
  分かりにくくするため、かつ体の力を使うためにも左半身をしっかり引く癖をつけよう。
  そのあとの体の入りの大きさでディセプションをかける。
  回転をしっかり入れて左サイドへ、
 回転を入れないで右サイドへ親指、小指でコントロールする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック