肘のガイドだけでは不十分、肘のガイドに上半身の動きを加える


ラケットの遊びを少なくして
肘のガイドで打つ、というのは半分正解。

これに上半身、
もっと厳密に言えば利き腕側の付け根を
入れることで体の力が伝わり、
伸びのあるシャトルになる。

この記事へのトラックバック