・骨盤及び背中の反りをつかむ


 ヨガポールでもテニスボールの筒でもいいので、
 腰のすぐ上に置き、
 首から順に背骨を1本ずつ持ち上げていく感じ。
 手は広げて置き、胴体が持ち上がるにつれて引っ張られてくるのに任せる。

 戻すときは腰の方から背骨を1本ずつ戻していく。
 腕が最初に落ちてこないように注意。

 これを腰の上、背中、背中上部、肩甲骨で行う。

この記事へのトラックバック