ヒザを深く落とし、骨盤への体重移動と運動方向を加える


 動き出しが悪いのは、
 シャトルがどちらに来るか判断しないうちに
 筋力に頼って床を蹴ってしまうから。
 どちらに来るのか判断し、
 瞬間的に膝を深く沈めてから骨盤へ伝える事で改善される。

 これはネットくぐりで身に着ける。
 少し離れた位置に立ち、
 深く膝を落とした勢いで骨盤を進行方向へ流し、
 進行方向へ膝を開く。
 くぐった後は状態が浮き上がらないように水平移動し、
 シャトルにタッチするイメージを持つ。

この記事へのトラックバック