中間~ハーフ構え直しの速度向上

ラケットヘッドのフレームを相手に見せておき、
インパクトの瞬間にのみシャトルと面を合わせる。
引くときには面を起こさずにそのまま肘を引くことで
早い戻しが可能となる

この記事へのトラックバック