つなぎで負けてるとは

つなぎで主導権を撮れていない。
自分で意図したように相手をコントロールし主導権を取るラリー、攻める形に持っていくラリーを意識し、自分たちの得意な形に持っていく回数を増やす。

ただ落とすのではなく、
相手の位置や構えを見ながら判断してドライブ、ハーフ、ネットを打ち分ける。

攻める形になってからは、
カウンターをもらわない精度を意識して攻め続ける。
精度がかなり必要。

手首を入れ過ぎない


シャトルに対してリストを入れ過ぎているので、
かっちりハマらない確率が高くなってしまう。
握りこむ、運ぶという感覚を身に着ける。
こうすることでネット際の球に強くなる。

スマッシュを打つ時の左半身の力の流れ

後ろから前ではなく、
下から上でもない。
コンディショニングの左右両手上げのイメージで、
左半身を上に持ち上げてから止まり、
インパクトに合わせて左半身も落とす感じ。
落とすっていうか左半身でシャトルの周りを巻き込む感じ?

これに肘の跳ね上げを
組み合わせるとシャトルに角度がつきつつ、
スッと伸びる感じになる。

チャレンジする意識を持つ

試合となれば力みと余裕が消えて、
強い羽根には強い羽根で返してしまっている。
肘のガイドを使った柔らかい球や
相手の構えや位置を見て返球する力を磨く必要がある。
ミスを恐れてばかりでは新しい力はつかない、
チャレンジしよう。

肘のガイドを意識してインパクトを作る


今は肘のガイドがなく、
手首で弾き返すインパクトになっている。
これだけではネット際の球や柔らかい返球、
コース変更が難しい。
肘の出し入れでインパクト位置に幅を持たせる意識を持つ。
線+線(手首を返さない),線+点(手首を返す)のインパクトを意識する。

コート奥からの詰め方


コート奥からコート前へ行くにしたがってテンポが上がるはずなのに
それを意識できていない。
結果、次の球への用意が遅くなり
バックアウトしたりミスしたりということになる。
1,23くらいのイメージでテンポを上げていこう。

飛びつきの体と面の使い方


 シャトルを追い越して打ってしまってるので、
 打つ直前の無重力地帯を意識して空中で0.5秒止まることを覚えよう。
 ・フォア側
  逆足でバランスをとる事、
  かつ逆手でラケット方向と逆の勢いを足してやる事。
  逆手はラケットヘッドの長さが無い分、
  利き手より早く動かすくらいのイメージじゃないと
  体のバランスのつり合いが取れない。

 ・ラウンド側
  ラケットフット側を引き上げる。
  というのも、ラケットを持ってる側の手を肘を引いて打ち出すため
  こうすることでバランスを保てる。
  この時に面を頭を撫でるように地面と平行にしてから
  上側をカットして打つことで角度を付けれる。

肘を開かずにフォア側を処理する


 肘を引く動作でそのまま打つ方法、
 これは以前やったけども意識も持ち方を変えてみる。
 このうち方は体の奥で処理できるので、
 バックで最速タイミングを狙い、
 フォア側に来たらこの打ち方でドライブ/クロスショートを狙う。

 この時にグリップとラケットヘッド下側フレームを起点として小さい回転半径での
 打ち方を覚えておくと幅が広がる。

ネット前への柔らかい返球


 ストレートネットへの返球は体~腕の動きをつかい
 そのまま上側を軽くなでるようにすることで短く返せる。
 クロスネットへの返球はシャトルの後ろ側を内側から外側へ
 なでる事で短く返せる。
 (バックでのクロスカットは下から上に撫で上げる)

意味のある変化とは、そしてそのための準備


相手を見ないで、
バックに打ったから次はフォア、
というのは相手を見ていない意味のない変化。

相手の構え、
タイミングの取り方を見て
自分が何をしたら効果的なのかを常々意識してやらなければ。

半面のプッシュでもドライブでも、
長い球で押し込めるのか
短い球で崩すのか等いろいろある。

これらを行うために、
動作をなるべくシンプルに、
振りかぶったりしないで最小の時間で用意すること。
そして出来た時間を相手へ注ぐこと。

不意のコート奥が何故取れないのか


ネット前よりも時間があるはずなのに
その場から動けない事がある。

これは、ステップを踏むタイミングが早すぎるから。
打ち出されていない=どの方向にいっていいか
分からない状態で蹴るから腕に伸び上がるしかなくなっている。

もっとゆっくり待ってから一気に蹴るように
意識しよう。

タイミングが取れない打ち方への対処


わかりやすいタイミングで打ち出されたものに対しては
かなり広い範囲で取れている。

タイミングを外された時に、
蹴るきっかけを失うと途端に守備範囲が狭くなる。

そういう時には膝を抜いて重心を崩して
取に行く意識が必要になる。

オーバーヘッドではシャトル(斜め上)に向かって一直線に力を伝えるイメージを持つ


  フォームが固まってきたら、
 次の段階として力が横に分散していないか、
 (肘が開いて横回転のみになっていないか)
 シャトルを打つ点(斜め上)に向かって真っ直ぐ伝えることを意識する。

 こうすることで体の力が真っ直ぐ伝わりシャトルに伸びが出る。