1つ1つのショットの精度に意識を傾ける

足、守備力、力ばかり上げてしまった結果
「1つ1つのショットが甘い」
ことに気付いていなかった。
「技」が足りてない。

自分では取れるからあまり気にしたことなかった。
オールラウンダーと組むと相手が強くても勝率いいんだけども、
それ以外の人と組むと勝てないのはこれが原因。
自分もパートナーも少し甘い球出しても
取れちゃうから。

相手を追い詰めるショットを打つ。
相手のミスを誘うショットを打つ。
相手が打ちにくいショットを打つ。
相手が上げざるを得ないショットを打つ。

1本ずつこれを意識していかなければイカン

見るべきは打つ瞬間の相手


しっかり上げた時などは相手を見ているが、
パートナーが打ったプッシュやドライブを、
返球する相手の体勢ではなく
パートナーが打った球を基準に一歩動いてしまうため
逆への切り返しが取れない。

どこで何をもって判断すべきか、
をもっと意識しよう。

ネット前(主にストレート)は空けない

  前に一番来る確率の高いところで
 押し込むことを意識する。

  赤川さんのように、
 前からよけるのではなく
 「一番確率の高いところ」
 を張って浮かさずに押し込み続けることが
 攻撃の継続につながる。
 (後衛の狙う実力=コースや球威によっては成立しないけども)

 ネット前は絶対に空けない事!

相手の認知をかいくぐる

バドミントン・メモさん
「相手の認知をかいくぐる」より
------------------------------------------------------------------
●ストロークの打点(始点)を工夫する
 →「どこで打ったのか」をうまく隠せれば一瞬「シャトルを消せる」
  ・体でラケットを隠す
  ・打つ瞬間、急激に加速する(予備動作を消す)
   =体の伸展力で打つ
  ・毎回違う打点で打たない(少し前で打ったり、少しためたり)
  ・大げさな体の使い方をして、そこに視線を誘導する
  ・クリアの打点で打って、急に面を切ってカットを打つ
  ・ネットのやや下からプッシュ

●その他の工夫
 ・相手の得意な打点からほんの少しずらしたコースに打つストローク
 ・ダブルスの相手の守備範囲からわずかにパートナー寄りに打つストローク
 ・センター
 ・サービルプッシュを前衛に(後衛は最初羽根が見えない)
 ・アウトからインに入ってくるサービス
 ・角度を付けたストレートカット
 ・追い込まれたふりをしてからの打ち分け

●戦略、戦術、思考パターン
最初のうちは速い球でガンガン仕掛けて、
相手が警戒し始めたら変化球を使い始めるなど、
オープンスペースに集めていた球を、
一度相手に当ててからオープンスペースを作るように変えるとか。
ラリーをいくつかの単位に分けて考えることで
相手が認知しにくい構成を作り上げる。
このように複雑化し、相手の思考の上を行くこと。

そのためには1つショットを打って終わり、
ではなくて「組み合わせる」ことが基本。
ショットの組み合わせから発展し、
ラリー単位、セット単位での概念を実行できるようしていく。

また、一般論で言われるようなことでは認知外に出ることは難しい。
自分なりのバドミントンを突き詰めて考えて結果が
認知されにくいプレイにつながると考えられる。
---------------------------------------------------------------------

自分なりに落としこんで考えると、
・バドミントンとは時間を奪う事
  早いストロークでも遅いストロークでも
  相手が対応するために必要な時間を奪うことが一番。
  タイミング、コース、軌道の変化によって
  「変化についていけなくなる」時を作る事を意識しよう。
  そのためには、タッチを早く/遅くする、選択肢を増やす、
  ショットの判断をしづらくさせるという方向性の練習が必要。
・攻撃とは
  普通は速い球、つまりスマッシュ=攻撃と考える。
  ところが、上記を踏まえて
  攻撃=相手が変化についていけない時
  と考える。
  相手からすると警戒すべきポイントが既に認知外に
  あるということになる。
・ポジショニングとは
  自分が狙っているところに寄るだけではなく、
  わざとスペースを空けてそこに打たせるようにする。
  オープンスペースに打つことしか考えていない人には想像がつかない
  =認知できない
・自分の手持ちで変化の作り方(対応された場合に順次変化をつける)
 後衛
 (1)ストレートアレー、センターへの早いアタックで攻める
 (2)チェックスマッシュを混ぜ、前後を増やす
 (3)ボディアタックへシフト
 (4)最短距離であるボディへの速さに慣れてきたら
    ボディを狙ってのカットスマッシュにより時間差を作る
 前衛
 (1)突っ込んでのプッシュでテンポを上げる
 (2)落として浅い球を引き出す
 (3)前へ警戒され始めたら横への変化をつける

時間を奪うチャンスを逃すな(一瞬でも早く相手コートに返す)

ドライブやプッシュで早い打ち合いをしている時には
自然とそうなっているが、
例えばロブが上がってきたとき、
タイミングを意識せず打点が下がっていないか?
例えばハーフに触れそうな球がきたとき、
見逃してしまうことはないか?

こういう
「相手から時間を奪える」
タイミングはいろんなところにある。

「一瞬でも早く相手コートに返す」
を意識しよう。

戦略と差別化

どこかで相手より優れている点があるから
勝つ、という結果につながる。

どこかで差別化を図り、
優位性を作ることが戦略。

実力=地力+戦略であり、
地力を上げるということと、
戦略的な差別化をつけるということは別の練習が必要になる。

現状を考えてみると
「攻めれるけど相手が守りやすい」という状態かな。
ハーフ、ヘアピン、前衛でのカットと
上から下に落ちるショットで攻撃回数自体は多い。

んだけども攻め自体が直線的すぎるから
守りやすいという面がある。
相手から逃げ行く球、短い球、方向の変化を追加して
「相手が守りにくい」という状態に持っていきたい。
これによって攻める時間を長くして、
「攻め続ける」状態にまで持っていきたい。

直近の課題

●肘のガイドだけでは不十分、肘のガイドに上半身の動きを加える
 ラケットの遊びを少なくして
 肘のガイドで打つ、というのは半分正解。

 これに上半身、
 もっと厳密に言えば利き腕側の付け根を
 入れることで体の力が伝わり、伸びのあるシャトルになる。

●つなぎで負けてるとは
  つなぎで主導権を取れていない。
 自分で意図したように相手をコントロールし主導権を取るラリー、
 攻める形に持っていくラリーを意識し、自分たち の得意な形に持っていく回数を増やす。

  ただ落とすのではなく、
 相手の位置や構えを見ながら判断してドライブ、ハーフ、ネットを打ち分ける。

  攻める形になってからは、
 カウンターをもらわない精度を意識して攻め続ける。
 精度がかなり必要。

●足の正しい使い方
  ハムから臀部、内転筋を緩めてからの股関節へ伝え、
 それを上半身へと連動させる。

●内転筋と膝、骨盤、上半身の運動方向を揃えて動くこと
  瞬間的な動きの速さを出すために、
 各パーツの運動方向を揃える意識を持つ!

●体全体を使った移動方法
  ハムストリング~臀部までを緩めておき、
 この部分と内転筋を連動させて骨盤に力を伝える。

 伝えられた力は骨盤の中を通って
 逆足と上半身に向けて、
 両方同時に操作する意識を持つ。

●オーバーヘッドの威力を出すには上半身の柔らかさで勢いをつける
  骨盤の背中の付け根からラケットまでの
 上半身柔らかさを使って勢いを出す打ち方を身につける。
  園田のスマッシュみたいなイメージ。

●ドライブ後に肘を下げない
  出し入れの動作はもちろんしていいが、、
 肘が下がれば持ち上げる動作が必要になり遅れが出るため

●クロスへ運ぶレシーブ
  クロスに運ぶレシーブは
 つま先を外側へ向ける足運びを合わせる事でミスを減らせる。

●肘のガイドでインパクト調整
  肘のガイドを使って前でインパクトすると力も不要となる。
  かつ、ネットの沈んできた球際も押し込むことが可能になる。

●グリップを遊ばせすぎない
 グリップの遊びが大きすぎる
 打ちに行く際のテイクバックをもっと小さく、
 そして手首を入れ過ぎずに運ぶ感覚をつかむ

●手首を入れ過ぎない
 シャトルに対してリストを入れ過ぎているので、
 かっちりハマらない確率が高くなってしまう。
 握りこむ、運ぶという感覚を身に着ける。
 こうすることでネット際の球に強くなる。

●肩関節の運動起点は胸鎖関節
  コンディショニングの方の上下運動、
 あるいはマエケン体操で意識させる。
  ここの動きを意識することで
 体の力がしっかり伝わり、
 手打ちを防ぐことが出来るようになる。

●肘を胴体の近くで動かす
  肘が体に巻きつくような動作をすることで、
 肩、肘に負担を少なく、かつ
 体の力の伝わり方がしっかりしたものとなる。


●チャレンジする意識を持つ
  試合となれば力みと余裕が消えて、
 強い羽根には強い羽根で返してしまっている。
  肘のガイドを使った柔らかい球や
 相手の構えや位置を見て返球する力を磨く必要がある。
  ミスを恐れてばかりでは新しい力はつかない、チャレンジしよう。

●スマッシュを打つ時の左半身の力の流れ
  後ろから前ではなく、下から上でもない。
  コンディショニングの左右両手上げのイメージで、
 左半身を上に持ち上げてから止まり、
 インパクトに合わせて左半身も落とす感じ。
  落とすっていうか左半身でシャトルの周りを巻き込む感じ?
  これに肘の跳ね上げを組み合わせるとシャトルに角度がつきつつ、
 スッと伸びる感じになる。

●前衛は自由に勝負をかける
  抜けても後衛がいるのだから、前衛はもっと自由に勝負をかける。
 一番の失敗はただ見送ってしまうこと。

●腰の動きに「脇腹の腹筋」「足の付け根」を連結させる感じ
  移動時に足は出ているが、
 「腰と上半身をつなぐ部分」とこ「腰と下半身をつなぐ部分」の
 連結,連動がうまくいっておらず、
 シャトルに対する体の寄せが甘くなっている。
  タッチ位置、及び体の力を伝えることによる威力
 に大きな違いが出てくる。

  腰の上にある腹側の連結、
 足の付け根との連結をもっと意識しよう。

  意識付けが出来たら、
 その4点を使って直線的なすり抜ける動きを意識する段階へ持っていく。
 (蹴る方のの2点の連結だけでなく、
  移動先へ持っていく半身部分を意識的に開く/閉じることにより
  動きの無駄をなくす、かつ力の伝え方を向上させる)

●シャトルに体を寄せて動きながら前で処理する
  シャトルに対しての寄せが甘いと
 取る位置が遅れるし、シャトルに対して体の力を伝えられないから威力も出ない。

  常にシャトルに対して体を運んで上で捌く意識を持つ。

●指先の操作性を高めるには、ラケットを体の中心からのつながりで支える
  グリップチェンジや細かいレシーブも
 肘から先だけでラケットを操作するのではなく、
 体の中心から肩甲骨で操作することで操作性、パワーが上がる。

●クロスカットの外側への切れ味を出すには
 ・カット
  バックで握り、
  縦になおかつ下から上に切ることでコートサイドに切れていく

 ・リバース
 体を開いて体制を作った状態から
 肘を引いて(開いて)カットするとコートサイドに切れていく

●オーバーヘッドではシャトル(斜め上)に向かって一直線に力を伝えるイメージを持つ
  フォームが固まってきたら、
 次の段階として力が横に分散していないか、
 (肘が開いて横回転のみになっていないか)
 シャトルを打つ点(斜め上)に向かって真っ直ぐ伝えることを意識する。

 こうすることで体の力が真っ直ぐ伝わりシャトルに伸びが出る。

●レシーブの安定性向上=動きを少なく鋭く
  レシーブは面を返すというよりも外側に払う動き、
 面を返すよりも小さい動きでコントロールするイメージを持つ。
  速い球に対しては面を返さず、
 そのまま腕を前に持っていきながら勢いを吸収することで柔らかくネット前に返せる。

●タイミングが取れない打ち方への対処
  わかりやすいタイミングで打ち出されたものに対しては
 かなり広い範囲で取れている。
  タイミングを外された時に、
 蹴るきっかけを失うと途端に守備範囲が狭くなる。
  そういう時には膝を抜いて重心を崩して
 取りに行く意識が必要になる。

●不意のコート奥が何故取れないのか
  ネット前よりも時間があるはずなのに
 その場から動けない事がある。
  これは、ステップを踏むタイミングが早すぎるから。
 打ち出されていない=どの方向にいっていいか
 分からない状態で蹴るから腕に伸び上がるしかなくなっている。
  もっとゆっくり待ってから一気に蹴るように意識しよう。

●意味のある変化とは、そしてそのための準備
  相手を見ないで、バックに打ったから次はフォア、
 というのは相手を見ていない意味のない変化。
  相手の構え、タイミングの取り方を見て
 自分が何をしたら効果的なのかを常々意識してやらなければ。

  半面のプッシュでもドライブでも、
 長い球で押し込めるのか
 短い球で崩すのか等いろいろある。

  これらを行うために、
 動作をなるべくシンプルに、
 振りかぶったりしないで最小の時間で用意すること。
 そして出来た時間を相手へ注ぐこと。

●ネット前への柔らかい返球
 ストレートネットへの返球は体~腕の動きをつかい
 そのまま上側を軽くなでるようにすることで短く返せる。
 クロスネットへの返球はシャトルの後ろ側を内側から外側へ
 なでる事で短く返せる。
 (バックでのクロスカットは下から上に撫で上げる)

●肘を開かずにフォア側を処理する
 肘を引く動作でそのまま打つ方法、
 これは以前やったけども意識も持ち方を変えてみる。
 このうち方は体の奥で処理できるので、
 バックで最速タイミングを狙い、
 フォア側に来たらこの打ち方でドライブ/クロスショートを狙う。

 この時にグリップとラケットヘッド下側フレームを起点として小さい回転半径での
 打ち方を覚えておくと幅が広がる。

●ネット前での方向を変える(90度プッシュ)
 ネット前のクロスヘアピンではなくて、
 90度にプッシュを打つという意識で行う。

 引いたりしないで面の向きを打ちたい方向に変えて持っていくだけ。


●飛びつきの体と面の使い方
 シャトルを追い越して打ってしまってるので、
 打つ直前の無重力地帯を意識して空中で0.5秒止まることを覚えよう。
 ・フォア側
  逆足を反ってバランスをとる事、
  かつ逆手でラケット方向と逆の勢いを足してやる事。
  逆手はラケットヘッドの長さが無い分、
  利き手より早く動かすくらいのイメージじゃないと
  体のバランスのつり合いが取れない。

 ・ラウンド側
  ラケットフット側を引き上げる。
  というのも、ラケットを持ってる側の手を肘を引いて打ち出すため
  こうすることでバランスを保てる。
  この時に面を頭を撫でるように地面と平行にしてから
  上側をカットして打つことで角度を付けれる。

●コート奥からの詰め方
  コート奥からコート前へ行くにしたがってテンポが上がるはずなのに
 それを意識できていない。
  結果、次の球への用意が遅くなり
 バックアウトしたりミスしたりということになる。
 1,23くらいのイメージでテンポを上げていこう。

●インパクトを強める
  ポールの上下運動を意識して、
 ただ肘を直線的に出して引くのではなく
 しならせて肘を出す→しならせて肘を引くということが重要。

●体の力を活かし、ショットの威力を上げるには
  腕に力を入れないために、左胸から左肩をシャトルに対して始動させる。

橈骨を入れる=回内/回外の質向上

前腕(肘から先)には、2本の骨があり、
小指側の骨が尺骨、親指側が橈骨。

この二本の骨は、手首を捻るときに使われます。
外から見ると、単に「手首から先」が
回転しているように見えるのですが、
実は、「肘から先」が捻れている。

手にはめた腕時計を見る動き、
これが「橈骨を入れる」動きになる。
これをを意識するだけで、
腕の動きが変わる。

肩甲骨の力が手に伝わるため、スウィングスピードがUPする。

手首を回すときは
橈骨の付け根から動くことを意識し、
軸は腕の中心ではなく小指側の尺骨となる。

フォア(回内)だけでなく、
バック(回外)でも同様の意識を持とう。

肩甲骨を使う=前鋸筋を使う

前鋸筋は、脇腹の肋骨と肩甲骨の裏をつなぐ
筋肉であり、意識して動かすのは難しい部位。

手打ちにならないように、
「肩甲骨を使う」という意識で練習してきたが、
体幹の力を肩甲骨に伝えるのは前鋸筋であり、
意識改革が必要。

スマッシュでも書いた
「肋骨を引き上げてから落とすと同時にスウィング」や、
菅野が言ってた、
「脇の下の力を抜く」
ってのは恐らくこれを指してるんだろうと思う。
ここの力を抜くだけででもショットの質はだいぶ変わった。

もう一歩進んで、自分で前鋸筋をコントロールしたい。

意識するのは中々難しいので、最初は、
「脇の下から腕が引き出されてくる」
ように意識しよう。

・前鋸筋を動かすエクササイズ
「前へならえ」
をして、腕を前方へ伸ばす。
このとき片方の手で、もう片方の脇の下の
あたりに触れてみると、
肋骨のあたりの筋肉に力が入るのが分かる。

自分のスタイルを作る

1.自分に合ったプレースタイルを決める。
  (1)基本的には攻撃回数を増やすネット前~ハーフを使い、
    上から打つ回数を増やす。
  (2)チェックスマッシュとスマッシュを組み合わせ判断を遅らせる
2.そのプレースタイルでどう勝つのかを考える。
  (1)次の球を自分のフォアへ誘うような球回し
    (コースとタッチスピードでコントロール)。
  (2)一発で決めるのではなく、パートナーが決めやすい球で組み立てる
3.そのプレースタイルで勝つために必要なメンタルを知る。
  前への詰め合いになっても引かない
  (タッチタイミングを遅らせない)気持ちの強さ
4.プレースタイルと必要なメンタルを意識しながら練習する。
5.実戦で練習してきたことを「挑戦」する。
  結果ではなく、1つ1つの課題に挑戦する!

上半身は上半身の付け根で支えておく

上半身を支える意識のないまま動くと、
全ての負担が足にいき、
動きも遅くなるし疲れもたまる。

 骨盤の奥で
上半身を支えるように立つと動きやすい。
(丹田の奥?腸腰筋=背中の付け根で支える。
 股関節で支えると足がこわばってしまうので注意!)
 体幹で上半身の重さを支えられるので、
下半身の負担が減らせるのかな。

 上半身を重りにするのではなく、
上半身は上半身の付け根で支えるのが正解のような気がする。

相手に「打たせる」球とは

・速い羽を打つとストレート
・ゆるい羽を打つとクロス
・低いロブを上げると角度のないスマッシュ
・体の真ん中に打つとストレート
・高く、後ろまでロブを上げるとカット

ラギングバック

片山さんのブログよりラギングバックについて


いつも打つ時は
体の中心から先にかけてしならせて、
肘を出し入れ(肘を効かせる)する感じで
打っていたんだけども、
もう少しイメージしやすい表現があった。

「円のように肘を回しながら打つ!」

出し入れするだけでもよくよく確認すると
小さい円運動はしているんだけど、
この一文の方がイメージがつきやすいかな。
この方が肩甲骨の動きがその方がスムーズになるのも良い点。

オーバーヘッドでもドライブでも使える打ち方。

--------------------------------以下引用-----------------------------
テイクバックの最後から一気に加速するのではなく
(引いた状態からすぐ加速)打つ直前まで加速を我慢し、
可能な限りうつ直前から加速させる感じだそうだ。

これで相手をセンターまで呼び込めるし、
加速させなければそのまま柔らかいショットを打つなど、
最後まで何を打つかわかりづらくできる。

ドライブを打つときも同様。
円の意識は大きくするか小さくするかで振りの大きさを調整しますが、
「小さいながらも」円のように肘を回して打ってみてください

わざと大きく回したり小さく回したり、
あえて回さないという風に使える。

加速のタイミングもわざと変えて相手のタイミングを外します。

また、ダブルスのハーフ球の処理時など、
低い球を落とすしかできないときも、
わざと大きく回し、
強く打つように見せ(打てないのに)落とすと、
相手は一度腰を落とし止まってくれますよ。
また、意識のポイントを増やすならば胸は軽く開き、
腕は背中から意識します。


よくパンチは背中で打つと言いますが、
打ち終わりも背中を意識したままです。

指は小指、腕は肘ですね。

小指にしないと体の前の意識になってしまいます。
※解剖的説明は前のブログで!!

また、肘を意識すると肩甲骨と腕が連動しますよ。

最初はわざと大振りで、
ピッチングのように意識してやってみるとよいですよ。

体全体のしなりから使わないと実際は効果的ではないですからね。

注意点!!!

結構肘から先のねじり(回内)や肩の内旋外旋などの意識、
つまり腕の使い方だけに意識が行きがちです。

必ず全身運動の大きな動きから始め、
その全体の連動性を小さい動きにしてみてください。

レシーブのふりの小ささも同じです。

体全体で力を生み出すから
「振りが小さくて済む」と考える方が良いですよ。
腕だけで振っても返らないわけではないですか、
球は押せないし、動きは流れないし、なにより怪我しますよ(^-^)

重心が安定し過ぎると動き出しずらい

普通のバドミントンの構え方は、
体重を右足と左足に均等に掛けて腰を深く落とす。

けど、安定している=動きだしずらいんじゃ?
あんまり片方に極端に寄せるのは良くないので
6:4でどちらかに寄せる。
どちらかの股関節から少し足の付け根に重心を寄せる感じかな。

その状態から、
行きたい方向の足の股関節を緩めてタイミングを取ると
かかる重力の力を利用できる感じ。
股関節を緩めるのと骨盤の向きを傾ける、
ってのの両方が必要なのかも。

自分のプレーの中心となる軸と足りない部分

上げない、ということは攻撃させないための基本的な考え方だが、
それを実現するための自分の軸はなんなのか?

自分の軸
・ミスをしない
 追い込まれたらつなぐ、ミスしない。

・ボディ,及びアレーへ逃げていくストレート
 次の返球をしぼるストレート。

試合の中で流れを作るためにはもう少し他の核が欲しい。
強烈な一発があるわけじゃないから。

身に着けたい軸
・早いタッチ
 球自体は強くても弱くてもいいから、
 相手の時間を奪うことを意識する。
 常に同じタッチではなく変化をつけること。
 ドライブや前衛だけでなく、
 上から打つショットでもこれを意識しよう。

・緩急が使えていない
 速い球は速く!
 って感じで少し速度を落とした球がないので
 タイミングがとりやすい。
 同じフォームから少しカットをかけて、
 6割くらいのスピードになるように打てたら
 甘い球を引き出せるかも。

・高さ
 ネット前からハーフへの球が多いから
 相手が前目になっていることが多い。
 相手が出てくるのを見てから体のしなりで
 弾いてコート奥が使えたら
 前後を使った攻撃が出来るんじゃないか。

・緩急が使えていない
 速い球は速く!
 って感じで少し速度を落とした球がないので
 タイミングがとりやすい。
 同じフォームから少しカットをかけて、
 6割くらいのスピードになるように打てたら
 甘い球を引き出せるかも。

・左右の広さ
 ストレートに打って前衛に捕まえてもらう場合が多い。
 球威やボディ回りで押せる時はいいけども、
 ポイントを絞らせないためにはもう少しワイドな球も使えるといいかも。