テーマ:フォーム-スマッシュ

肩関節の運動起点は胸鎖関節

コンディショニングの方の上下運動、 あるいはマエケン体操で意識させる。 ここの動きを意識することで 体の力がしっかり伝わり、 手打ちを防ぐことが出来るようになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュを打つ時の左半身の力の流れ

後ろから前ではなく、 下から上でもない。 コンディショニングの左右両手上げのイメージで、 左半身を上に持ち上げてから止まり、 インパクトに合わせて左半身も落とす感じ。 落とすっていうか左半身でシャトルの周りを巻き込む感じ? これに肘の跳ね上げを 組み合わせるとシャトルに角度がつきつつ、 スッと伸びる感じになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーヘッドではシャトル(斜め上)に向かって一直線に力を伝えるイメージを持つ

  フォームが固まってきたら、  次の段階として力が横に分散していないか、  (肘が開いて横回転のみになっていないか)  シャトルを打つ点(斜め上)に向かって真っ直ぐ伝えることを意識する。  こうすることで体の力が真っ直ぐ伝わりシャトルに伸びが出る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュの方向にディセプションを入れる(入りから既にディセプションは始まってる)

  左クロスへ打つ時には引きが大きく、  右クロスへ打つ時には引きが小さくなっているので分かりやすい。   分かりにくくするため、かつ体の力を使うためにも左半身をしっかり引く癖をつけよう。   そのあとの体の入りの大きさでディセプションをかける。   回転をしっかり入れて左サイドへ、  回転を入れないで右サイドへ親指、小指でコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角度をつけるための体の使い方

腕の力で押してしまうと、シャトルは伸びてしまう。 角度をつけるためには、 体の力を伝えて、腕は押し出さずにスウィングに伝える意識が必要。 オーバーヘッドの場合は 脇腹と骨盤を分離して力を伝える意識も必要になってくる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーヘッドは引きの速さがクオリティを決める=早く引きを作るには

引きを作って骨盤~体幹の状態を作ることが ショットのクオリティに直結する。 腕を引く意識では体がついてこないので×。 背骨で引く(回転させる)感じで体で引きを作る。 球が低い/早いなどで時間が少ない時には、 背骨で引く→肩甲骨を持っていく ところで一旦区切って入り込んで、 肘~ラケットはあとからスウィングに追い付か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下半身と上半身の連動性を上げる

骨盤を立てて腸腰筋を意識することで、 下半身からの力を上半身に効率よく伝える事が出来る。 これが、 骨盤が後傾しているとハムストリングスの力が伝わらず 大腿四頭筋で動かなければならなくなり、 移動の力が小さくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーヘッドでは腸腰筋を意識する

体幹に力を入れず柔らかく保っておき、 スウィングの瞬間に腹筋と腰の引きでスウィングしていた。 腰の引きを行う時に腸腰筋を意識して引くと 体の背面側の力を使える感じがする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーヘッドでの短いショットの工夫/タイミングのずらし方

  チェックスマッシュがタイミングを早める、  かつモーションが小さくわかりづらく、  なおかと前に短く落とせる。   上に向かって指先でチョイと押し出すだけ。   手首とかで切りすぎるとモーションが大きくなって良くないかも。      フォア側へ飛びつきながらだと、  体に従って自然にラケットが出てくる感じをつか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角度のある生きたショットを打つには

  腰を折らず、胸を張った状態を維持したまま  空中で1秒静止し、肘を効かせる(巻き込む)。   回転半径と広背筋を意識して巻き込もう!   その時に、ラケットの動作方向と真逆方向に  逆手を入れることを忘れずに。   肘を効かせる(引く)方向によって  ストレートかクロスかを打ち分ける。   フォア側では真後ろに引け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打点を上げるには、落ちてくる羽根を捉えるタイミングを意識すれば良い

体の持っていきかたももちろん重要だが、 それでも最適な打点になっていない場合 落ちてくるシャトルを捉えるタイミングを意識すれば良い。 ドライブやプッシュと同じで、上から落ちてくる球にも タイミングを意識すれば良い。 シャトルを待ちすぎて 殆ど肩のラインで打ってしまう事がある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーヘッドの逆腰の引き

体のしなりは以下のイメージ (1)利き足の踏切(腰の付け根) (2)みぞおちが前に出る (3)逆足の腰を引く(これにより利き手側の上半身加速) (4)逆腰による利き手側肩甲骨あたりの反発作用により、  胸筋が引っ張られる形で利き手側が出てくる。  ここで左上半身に余計な力は入れない事! (5)利き手側の広背筋で押し込む …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各パーツの点の動きを線としてつなげる

みぞおちの平行移動と左胸を出す動作を連動させ、 一連のしなりとしてイメージし、 肘(左上方向)へ伝える感じ。 その後肘を引く=肩甲骨を閉じてインパクトを強める。 その時に右手は上方向へ引き上げ、 スウィングの力が回転方向へ流れるのを防止する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体のタメを作って威力を高めるには

みぞおちを中心とした平行移動をスウィング時に行うことが大事。 みぞおちが最初に出て、次に胸、最後に引っ張られてラケットが出てくる。 前から後ろに下がって打つときには意識してるけど、 スタンディング及びサイドへの飛びつきでもこれを意識しよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more