テーマ:ショット全般

ラケットのコントロール土台と加速方法

ラケットのコントロールについては、 胸の前と脇の後ろという考え方でOK。 それに加えて、 加速は利き手側の一瞬の体感の出し入れ、 細かいコントロールは腕~指先で行うという考え方でOK。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラケットを出す腕の土台

ラケットを出す時には、胸の前側とわきの裏側で出した方が早い って以前書いた。 それ以外にも、ラケットの土台として コントロールすることで以下のような利点がある。 1.操作の安定性が上がる 2.大元からの力を伝えやすくなり球威が上がる   (前衛での引いて叩く動作とかね) 3.クロスのショートに持っていく時のように  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラケットを出す、とは

肘や手先を出すと動作が遅れる。 1.体を持っていく 2.肩甲骨を持っていく 3.胸筋及び脇の裏側の筋肉を使って持っていく とするのが早い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦しい時こそ上半身を利かせて

苦しい球には追いつくだけで 上半身を効かせることが出来ていない。 苦しい時こそ体幹の力が必要だと常に意識しよう! 腹筋を少し入れる、及び利き手の肩の引き寄せが大事。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォア奥の球のスウィング

1.体をフォア奥へ持っていく 2.体を持っていった際にラケットをまっすぐ持っていく   (この時に体を回転させすぎない) 3・肩甲骨を開いて肩、肘を後ろへ引いてインパクトする   (左後ろへ引けばクロスへのカット/スマッシュが可能)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆手の使い方

片手を封じて全力で走っても全速力が出ないように、 スウィングでも片手の動きがないと全速力が出ない。 しかも、利き手の方がラケットの分重いため、 全速力の均衡を保つためには、 「逆手の方を早く、全力で動かす必要がある。」 高さによって使い方は毎回違う。 1.スタンディングでのスマッシュ  肩甲骨を開いて、肘をたた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット前でのドライブを強打で返す方法

ドライブが来たら、 1.膝を前に出して状態を逸らす 2.肩甲骨を開いて肘と手首を後ろへ引く   (腕全体の動きとしては上から下方向へ動くイメージ、    但し各部を引いてスウィングスピードを上げること)   膝をそらした分、上半身を戻す勢いがつくので次のネット前を狙うことを忘れずに!  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利き手側膝あたりの球

ラケットを立てて面を合わせた状態から 肩甲骨・肩・肘を引くことで面を変えて クロスネット前に持っていけるように練習しよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利き手側の背筋と肩甲骨でシャトルのに力を伝える、コントロールする

重心移動から移動し、 シャトルに体重を伝える。 この時に、 利き手側の背筋と肩甲骨をコントロールして シャトルに対して伝えるようにする意識があると 力のあるシャトルが飛ぶ。 「背筋と肩甲骨を入れる」 ってイメージかな。 一番イメージしやすいのはスマッシュかな。 にも書いた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全てのショットに肘(出来れば肩甲骨も)を使って

レシーブで引く動作の時、 どうしても手先にばかり意識がいってしまって ラケットのヘッドスピードが出ていない。 これでは試合では使えない。 クロスのショートリターンのように引いてあてるような時でも 肘から先をしならせて引く動作でインパクトすること。 マレーシアペアとかもろにこんな感じ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インパクトの直後に抜く

一瞬でシャトルに100%の力を伝えるには、 脱力→しなりのインパクト→脱力 というのが一番効率が良い。 特にインパクト後の脱力は意識し忘れることが多く、 これが原因で一瞬でシャトルに伝えることが出来ていない場合が多い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余計な動作はしない

 打つショット/レシーブに対して、  「自分でラケットを持っていく」  ような余計な動作は不要。  それをやると余計なブレが出てミスが増える。  足と体が入れば、  自然とシャトルの位置までラケットが出る
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変化をつける場合でもタッチ位置は早く

流してコースを変える、 ネット前へ落とすなどする場合に タッチタイミングが遅くなってる。 ゆっくりした球を返す場合でもタッチは早く。 この意識が抜けると 普通のドライブでもプッシュでも 遅れて詰まってしまうので注意。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショットの強度を上げる方法

腰→肩→肘→手首→指という順番を意識することも大事だが、 これらを 「順にしならせて、インパクト時のヘッドスピードを最大にする」 イメージが大事。 使い終わったところから瞬時に脱力していき、 先端に伝えていく。 スマッシュでも、 追い込まれた球の角度を付ける打ち方でも、 通常のドライブでも同じ。 体の一部だけを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャトルの動きに合わせてはいかん

飛んできたシャトルに合わせるように動いてはいかん、 このやり方だと、結局手元までシャトルが来るのを待ってしまう。 少し下がってくるようなシャトルでも前に出ながらラケットを合わせる。 どうしても取りにくい場合は体を引いてスペースを作る必要はあるけどね。 その場合は差し込まれた形になるので、少し強めに打ってやらないと 距離が調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タッチの速さが第一、それを実現するには

強い振りよりも コンパクトな握りで前で前で取ることを意識しよう。 シャトルが落ちてくる場合には 手元に来るのを待ってないで前で触りに行く。 これをやるには力んでると無理、 脱力して早いタイミングで握り+コンパクトな重心移動でシャトルに体重を乗せる ことを意識する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーヘッドストロークの面

今は面をまっすぐ出しているので、 スマッシュとカットの違いがわかってしまう。 なので、オーバーヘッドで打つときの面は フレームを見せておこう。 スマッシュ/クリアー/カット/リバースカットの 違いがわかりにくくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肘を柔らかく使って打つ

中間の速い球やプッシュ/プッシュレシーブにおいても、 脱力して肘を少し効かせる事でイイ球が打てる。 手先もそうだけど、 よっぽど脱力してないと、 俺は肘周りが硬くなってしまうので注意。 上記の感覚で打てる時は 余計な力はいらず、 腕のしなりと握り込みだけで強い球を飛ばせる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショットのバリエーション

プッシュ/ドライブ/サービスプッシュにおいて 以下を覚えよう(師匠梢恵/堀籠さん)。 ただし、これをやるには 「上半身を脱力し、肘と手首に遊びを持たせて  打つ体制に(シャトルの下に)入る事。」 を意識する。 ●フォア側 1.フレームを見せてラケットを立てておいて、   大げさに見えるくらい手首を外側に入れて   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バックハンドでのカットフェイントロブ

バックハンドでのクロスロブを 「少し体の横をくらいの位置(自分がシャトルを追い越したような位置)で  カットしながらロブを上げてクロスへ飛ばす」 でフェイントになる。 (米倉さんよくやるね)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロスショートリターンとクロスヘアピンカットしながら

以前にシャトルの軌道とラケットの軌道は 線と線であることが望ましい、 但し、クロスに打つ時はどうしても 線と点のインパクトになってしまうので、 射線常に広がるシャトルの軌道に対して ラケットの軌道を直線で合わせてやる、 という意識が必要と書いた。 これはその応用版。 クロスへのレシーブショートリターン、 あるいはク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中間~後衛寄りでのバックハンド処理

前衛が抜かれてからのフォロー時に クロスへのハーフドライブ、 又はクロスへのネットを覚えないと 上げて攻撃されるかストレートのドライブで強引に抜くかの 2択しかないのでこれも覚える必要アリ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タメとは

バドミントン上達への道様より タメが利いていて取りにくい、 とか タメて打つことでショットに威力が増す、 とか言われますが、タメとは 「すぐにはシャトルを打たないで、インパクト動作に入る  最後の瞬間ギリギリまで待つこと」 野球のピッチャーも 「球離れを遅くする、出来るだけ長くボールを持って  リリースを遅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショットは面を変えて

バドミントン上達への道さんのブログより ネット前に高く上がってきたチャンスボールなら、 素直に真っ直ぐ打っても決まるが、 少し浮いたくらいの球の場合は、 そのままプッシュしても決まらない。 そういう高さに来た球は、 どうしたって強打すれば飛距離が伸びる、 または強打自体が出来ない(ミスの確率も増えるので)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強い球はインパクトの瞬間は固定するイメージから生まれる

ドライブ/ドライブ/ハイバック/レシーブ と、上から打つショットを除くほぼ全てにおいて 「インパクトの瞬間、指先以外は固定されている」 ことで強いインパクトが可能となる。 上から打つショット(スマッシュ/カット/クリアー) においては、振り切る動作が入るため 「インパクトの瞬間、リストから先以外は固定されている」 こと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指先で操作する間隔

ドライブ、レシーブ、スマッシュなどの勢いのある スウィングをする場合でも、 腕やリストだけではなく指先は別物、 という感覚を忘れずに。 打ってないと感覚忘れてリストだけで打ってしまうので注意。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more