テーマ:課題

動きが遅くなった時の確認事項

1.初動に腰の回転が伴っているか 2.上半身の動きが肋骨から上だけになっていないか   (1.の腰の回転と腹筋の根本から動かせているか) 3.重心を崩して、流れを利用出来ているか、   かつ左半身の腕の付け根が流れに乗ってラケットが出てきているか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上からの打ち分けには

手首から先でカットとスマッシュを打ち分けようと しているからバレる。 上から巻き込む様にカットしているため、 面が下を向いた瞬間に相手にも低く構えられてしまっている。 体幹や腕の方向で分かりにくくする方法を身につけないとイカン。 フォアからのストレートリバースなら、 クロスクリアーのフォームから 手首を入れずに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバックでの体幹の使い方

利き手と逆側の腹筋(腹斜筋)に一瞬力を貯めて、 伸ばした瞬間に力を伝える。 メディシンボール投げで感覚は掴める。 腹斜筋を伸ばした力は、 胸を真後ろ方向に持っていくことで 正しくシャトルに伝えられる。 ここで回転するように体の力を伝えるのはNG。 伝達力が弱くなりシャトルが飛ばなくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆足出してのバックハンドドライブ

クロス気味に来た球をサイドへ流すには、 縦にラケットを振りつつ、指の捻りで外側へ持っていける。 肘を少し出して体の前にスペースを作っておかないと、 引く動作自体ができないので注意。 (ボディに近いからね) 脇の裏側と使って引く動作を行い、手打ちにならないようにする。 体の出し入れは長距離ドライブでも練習出来る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どの方向のストップも骨盤前面を潰してハムストリングで受け止める意識を持つ

骨盤を立てたまま受け止めてしまうと、 太ももの表側で耐える形になってしまう。 これの何が悪いかというと、 1.筋量的にハムストリングの方が多い=筋力が強い 2.疲労がたまりやすい 3.着地後の体勢の戻しが遅れる(上半身で止めにくくなる) ので、必ず骨盤前面の潰しを意識すること。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

止まる時にも体幹の力を使う

腰~腿にかけて止めても、 上半身が流れてしまうことにより次の動作に遅れが出てる。 せっかく体幹鍛えてんだから使ってやらないと損。 進行方向に対するストップ動作を上半身でやるだけ!  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラケットを出す腕の土台

ラケットを出す時には、胸の前側とわきの裏側で出した方が早い って以前書いた。 それ以外にも、ラケットの土台として コントロールすることで以下のような利点がある。 1.操作の安定性が上がる 2.大元からの力を伝えやすくなり球威が上がる   (前衛での引いて叩く動作とかね) 3.クロスのショートに持っていく時のように  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

始動/停止は下半身だけでなく上半身でも行うこと

始動時に 足だけで動こうとすれば上半身の重心が残ったままになり 遅れる。 筋肉痛の時に気付いた、 体の回転や大きく上半身を持っていくことが出来ないときは 移動自体が遅くなってる。 停止時に 足だけで止まろうとすれば、 慣性に負けて上半身が移動方向に引っ張られてしまい 次が遅れる。 これも筋肉痛の時に気付いた、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラケットを出す、とは

肘や手先を出すと動作が遅れる。 1.体を持っていく 2.肩甲骨を持っていく 3.胸筋及び脇の裏側の筋肉を使って持っていく とするのが早い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュ時の腕の持って行き方は脇の裏側を使って

上半身で、 肩甲骨を入れる→腕につなげる時には、 腕自体を出すのではない。 体幹を入れる勢いと、 「胸筋の裏側」を入れて持っていく感じ。 (なんつったらいいかな、脇の裏側) 握らない懸垂や、壁を引っ張る時に鍛えられる部位。 ここで勢いをラケットヘッドに載せてやる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試合はいつも通り、で

昨日の朝一のように移動もタッチも早い相手に 対抗しようとして、無理矢理前にでながら打ってしまうようではイカン。 いつもより判断のタイミングを早めたところで、 自分の頭の中のラケットの動きもはやめられなければ意味はないのだから。 上げないように、ということばかり考えて 叩けるところも全然叩きに行けなかった。 消極的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打つ前の力みを消す

自分に向かってシャトルが向かって来た瞬間の僅かな力みを消す。 0→100に出来るように。 レシーブなら重心移動(丹田あたりのコントロール)と肩甲骨からのしなりを、 前衛なら重心移動としならせて打つ準備を、 スマッシュなら体幹の入れを意識する。 余計な力をいれると関節がロックしてしまい力が伝わらなくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスプッシュ後の3打目の狙い方

3打目を狙う際には下がらずに前で処理すること! 沈めた球~ドライブを打てた場合、 浮いてくる球~ドライブが来る。 ↓ ネット前へ詰めてプッシュ、 ドライブが来たら膝を前に出して上体を逸らして叩くようにする。 プッシュ後には、自分の体をその方向へ持っていくことを忘れずに。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスレシーブ時の腕/ラケットの位置

互いにショートレンジでのやり取りで、 判断~タッチまでの時間が短くなるため、 自然にラケットを出しやすい位置を自分で探そう。 これだけでタッチスピードはかなり変わってくる。 もっと肘とラケットを前でいいのかも。 ロングの場合は振るんじゃなくて引く動作で スマッシュが打てるようにすれば、 ラケットを大きく前に出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスレシーブ時の重心

体の直線上ではなく、少し左半身に寄ってしまっているため 体が遠回りをしてシャトルの位置に行く形になっている。 お腹に重心がある位置を常に意識してレシーブに入ろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスレシーブの体重移動つなげかた

1.歩幅は狭くしすぎない、少し広げないとロングが辛い 2.太もも~お尻にかけての外側の筋肉を使って蹴る意識を持つ 3.行きたい方向の足を一瞬抜いて、重心がその方向に傾いてから   前に行きたいなら後ろ足、後ろに行きたいなら前足の   外側の筋肉を使って蹴る。   (最初に蹴ると足の力だけになるので注意) 4.ロング対応の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動き出し、利き足のタメの際の股関節(内転筋)の意識

構えているときは、 足先じゃなくて 股関節を沈ませて内転筋の力を使えるように意識する。 但し、お尻は下から持ち上げるようなイメージにしておかないと 足先だけに重心が寄っちゃうので注意しよう。 スマッシュのタメの時も、 膝を沈ませるというよりも股関節を沈ませて 力を伝えるようにしよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバックの体の利かせ方

スマッシュでは肘の高さを固定して 背筋をきかせることで 体が入るのが理想。 ハイバックはこれの逆で 肘の高さを固定して 腹筋を利かせた結果、 肩甲骨と腕が勝手にスウィングの形を取る、 というイメージ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュは背筋で打つ

肘は高く保った状態から 背筋を入れることによって打つ。 腕自体ではスウィングしない。 体を入れた結果腕をフッタ、 という意識でOK これ、低く入ったときは自然にやってるのに 高く上がったときは出来てなかったのな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打点と肘の出方(スマッシュ/ドロップ/カット)

肘が一旦下がってからラケットが出てくるため、 ラケットの軌道が低くなりがち。 (ラケットの出処が低いからね) このフォームだと ドロップが一旦浮いてから沈むような感じでしか打てない。 肘をまっすぐ引いて体の回転でスウィングするように意識しよう。 こうすることでスマッシュ自体にも角度をつけれる。 まずは動かず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利き手側の背筋と肩甲骨でシャトルのに力を伝える、コントロールする

重心移動から移動し、 シャトルに体重を伝える。 この時に、 利き手側の背筋と肩甲骨をコントロールして シャトルに対して伝えるようにする意識があると 力のあるシャトルが飛ぶ。 「背筋と肩甲骨を入れる」 ってイメージかな。 一番イメージしやすいのはスマッシュかな。 にも書いた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュ 上半身の回転方向

真上から真下ではなく、 左から右下へ円を描くことを意識すると 上半身をフルに使えるようになる。 これには、左背筋(利き手側の背筋ね)の上の方を 入れる意識が必要になる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more