テーマ:体の使い方

パーツごとの重心位置を考える

体全体の重心だけでなく、 各部位の重心がどこにあるかを意識する。 腕であれば腕の付け根、 足であれば足の付け根。 重心がある位置をコントロールすれば 末端は勝手についてくる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の最適な打点を見つける→移動を調整する

今はとにかく早く近くまで寄る、 としか考えていない。 自分がどこで打った時に一番いい球が行くのかを覚え、 移動距離が少なくて済む時には 必要以上に球に近づかないように意識して 無駄をなくしていこう。 やや体から離れたあたりが得意みたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュは体の力を伝えるだけ

左半身が力んでいる状態で打つと、 体重移動のバランスが悪くなり 次への移動が遅く、 ショットの質も悪くなる。 力を抜いて、 腰、肩甲骨と出した後力まずに 左半身を遅らせて体重を伝えてやるだけ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラケットは振らずに体を寄せる

インパクトのリストで調整することに意識がいってて、体を寄せて伝えることが出来ていない。 体を寄せて力を伝えれば、 腕を振る必要も インパクトを意識する必要もなくなる。 そして次へのバランスの取り方が良くなるので、 体重移動と体の寄せを意識しよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

へその下(下腹部)は締めておく

 下半身や骨盤の力を伝えるためには、  接続点である下腹部がブレていては力が伝わらない。  グリップがゴムでできたラケットではたいても力が伝わらないから  痛くない。  グリップ部分が固いからラケットではたくと力が伝わる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォア奥からのショット

 ヒザを深く落として(抜いて)から  骨盤を流して体重移動を行い加速する。  打つ直前にもう一度体重移動を行いショットにつなげる。  グリップをどこまで奥に差し込んで準備するかによってドライブか  クリアーかが決まる。  ドライブは引く(角度により調整)、  クリアーは真下に引いて跳ね上げるイメージ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重移動は2段階

 動き出しで体重移動を使うが、  ショットを打つ直前にもう1段階体を入れる事で  動きの加速及びショットの威力向上が図れる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒザを深く落とし、骨盤への体重移動と運動方向を加える

 動き出しが悪いのは、  シャトルがどちらに来るか判断しないうちに  筋力に頼って床を蹴ってしまうから。  どちらに来るのか判断し、  瞬間的に膝を深く沈めてから骨盤へ伝える事で改善される。  これはネットくぐりで身に着ける。  少し離れた位置に立ち、  深く膝を落とした勢いで骨盤を進行方向へ流し、  進行方向へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

・骨盤及び背中の反りをつかむ

 ヨガポールでもテニスボールの筒でもいいので、  腰のすぐ上に置き、  首から順に背骨を1本ずつ持ち上げていく感じ。  手は広げて置き、胴体が持ち上がるにつれて引っ張られてくるのに任せる。  戻すときは腰の方から背骨を1本ずつ戻していく。  腕が最初に落ちてこないように注意。  これを腰の上、背中、背中上部、肩甲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体全体を使った移動方法

ハムストリング~臀部までを緩めておき、 この部分と内転筋を連動させて骨盤に力を伝える。 伝えられた力は骨盤の中を通って 逆足と上半身に向けて、 両方同時に操作する意識を持つ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩関節の運動起点は胸鎖関節

コンディショニングの方の上下運動、 あるいはマエケン体操で意識させる。 ここの動きを意識することで 体の力がしっかり伝わり、 手打ちを防ぐことが出来るようになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュを打つ時の左半身の力の流れ

後ろから前ではなく、 下から上でもない。 コンディショニングの左右両手上げのイメージで、 左半身を上に持ち上げてから止まり、 インパクトに合わせて左半身も落とす感じ。 落とすっていうか左半身でシャトルの周りを巻き込む感じ? これに肘の跳ね上げを 組み合わせるとシャトルに角度がつきつつ、 スッと伸びる感じになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肘のガイドを意識してインパクトを作る

今は肘のガイドがなく、 手首で弾き返すインパクトになっている。 これだけではネット際の球や柔らかい返球、 コース変更が難しい。 肘の出し入れでインパクト位置に幅を持たせる意識を持つ。 線+線(手首を返さない),線+点(手首を返す)のインパクトを意識する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インパクトを強める

ポールの上下運動を意識して、 ただ肘を直線的に出して引くのではなく しならせて肘を出す→しならせて肘を引く ということが重要。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛びつきの体と面の使い方

 シャトルを追い越して打ってしまってるので、  打つ直前の無重力地帯を意識して空中で0.5秒止まることを覚えよう。  ・フォア側   逆足でバランスをとる事、   かつ逆手でラケット方向と逆の勢いを足してやる事。   逆手はラケットヘッドの長さが無い分、   利き手より早く動かすくらいのイメージじゃないと   体のバラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肘を開かずにフォア側を処理する

 肘を引く動作でそのまま打つ方法、  これは以前やったけども意識も持ち方を変えてみる。  このうち方は体の奥で処理できるので、  バックで最速タイミングを狙い、  フォア側に来たらこの打ち方でドライブ/クロスショートを狙う。  この時にグリップとラケットヘッド下側フレームを起点として小さい回転半径での  打ち方を覚え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット前への柔らかい返球

 ストレートネットへの返球は体~腕の動きをつかい  そのまま上側を軽くなでるようにすることで短く返せる。  クロスネットへの返球はシャトルの後ろ側を内側から外側へ  なでる事で短く返せる。  (バックでのクロスカットは下から上に撫で上げる)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more