テーマ:思考-試合

1点の重み

 序盤の1点と終盤の1点は同価値ではない。  序盤に相手の苦手なポイントを探せたとして、  そこで引き離したとしても  徐々に相手も慣れてくる。  そうなるとゲーム終盤に改めてポイントを探さなくてはならない。  序盤にポイントを見つけても、  そこを隠したままシーソーゲームでもつれこみ、  仮にそれ以外のポイントを探せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選択肢を複数持つ

 打つ直前に相手や状況を見て判断して  次点のショットを選べるようにしておく。  相手を、状況を見る、シンプルな動きで後出しが出来るように  意識しておく。  打つことに精いっぱいでは出来ない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つなぎの判断

 早い位置でタッチするのが正解とは限らない。  後だしで判断することも正解の一つ。  手元までしっかり待ってサイド奥まで返す、  クロスのショートに逃げる、  早いタッチで落とす、  打ちにくい高さを狙って打たせる、  相手の得意なポイントを避ける、  などつなぎ方はいろいろある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つなぎの意味とは

つなぎ、中間でのやり取りは 相手にチャンスボールを上げさせる事が目的。 ここでいうチャンスボールとは ネット前~ハーフぐらいに浮いた球を出させること。 そのためには、 あまり角度のないところで強く打ってアウトにしたり、 カウンターをくらうようなことがあってはいけない。 常にトッパンを維持するための羽根を出し続ける事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つなぎで負けてるとは

つなぎで主導権を撮れていない。 自分で意図したように相手をコントロールし主導権を取るラリー、攻める形に持っていくラリーを意識し、自分たちの得意な形に持っていく回数を増やす。 ただ落とすのではなく、 相手の位置や構えを見ながら判断してドライブ、ハーフ、ネットを打ち分ける。 攻める形になってからは、 カウンターをもらわない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャレンジする意識を持つ

試合となれば力みと余裕が消えて、 強い羽根には強い羽根で返してしまっている。 肘のガイドを使った柔らかい球や 相手の構えや位置を見て返球する力を磨く必要がある。 ミスを恐れてばかりでは新しい力はつかない、 チャレンジしよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コート奥からの詰め方

コート奥からコート前へ行くにしたがってテンポが上がるはずなのに それを意識できていない。 結果、次の球への用意が遅くなり バックアウトしたりミスしたりということになる。 1,23くらいのイメージでテンポを上げていこう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意味のある変化とは、そしてそのための準備

相手を見ないで、 バックに打ったから次はフォア、 というのは相手を見ていない意味のない変化。 相手の構え、 タイミングの取り方を見て 自分が何をしたら効果的なのかを常々意識してやらなければ。 半面のプッシュでもドライブでも、 長い球で押し込めるのか 短い球で崩すのか等いろいろある。 これらを行うために、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誘い球を意識する

 奥まで上げればクリアー、ドロップなど選択肢が増える。  あえてハーフより少し後ろぐらいに球を出すことで  スマッシュを誘う事が出来る。  このように自分が次に何を待てばいいか明確に出来るような  球を意識してみよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外す遊び心を

打てるからと行って直線的に打つだけでは  的を絞られてやられるだけ。  コートの奥、左右をずらす、角度をつける、速度を変える、切る、  といった遊びを入れて外すことで  今の球が活きてくる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相手をネット前に出てこさせない、我慢する球回しを覚える

 強め/長めの球で相手を前に出てこさせない、  我慢のラリーが必要となる。  相手をのけぞらせる、  相手を後ろに追いやってからの  短いショットを狙う事。  最初から短いショットをチョイスしても  効果半減。  長い球はコースや角度が悪ければ即カウンターをもらう事になるので注意。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1つ1つのショットの精度に意識を傾ける

足、守備力、力ばかり上げてしまった結果 「1つ1つのショットが甘い」 ことに気付いていなかった。 「技」が足りてない。 自分では取れるからあまり気にしたことなかった。 オールラウンダーと組むと相手が強くても勝率いいんだけども、 それ以外の人と組むと勝てないのはこれが原因。 自分もパートナーも少し甘い球出しても 取れち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見るべきは打つ瞬間の相手

しっかり上げた時などは相手を見ているが、 パートナーが打ったプッシュやドライブを、 返球する相手の体勢ではなく パートナーが打った球を基準に一歩動いてしまうため 逆への切り返しが取れない。 どこで何をもって判断すべきか、 をもっと意識しよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット前(主にストレート)は空けない

  前に一番来る確率の高いところで  押し込むことを意識する。   赤川さんのように、  前からよけるのではなく  「一番確率の高いところ」  を張って浮かさずに押し込み続けることが  攻撃の継続につながる。  (後衛の狙う実力=コースや球威によっては成立しないけども)  ネット前は絶対に空けない事!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相手の認知をかいくぐる

バドミントン・メモさん 「相手の認知をかいくぐる」より ------------------------------------------------------------------ ●ストロークの打点(始点)を工夫する  →「どこで打ったのか」をうまく隠せれば一瞬「シャトルを消せる」   ・体でラケットを隠す   ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時間を奪うチャンスを逃すな(一瞬でも早く相手コートに返す)

ドライブやプッシュで早い打ち合いをしている時には 自然とそうなっているが、 例えばロブが上がってきたとき、 タイミングを意識せず打点が下がっていないか? 例えばハーフに触れそうな球がきたとき、 見逃してしまうことはないか? こういう 「相手から時間を奪える」 タイミングはいろんなところにある。 「一瞬でも早く相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦略と差別化

どこかで相手より優れている点があるから 勝つ、という結果につながる。 どこかで差別化を図り、 優位性を作ることが戦略。 実力=地力+戦略であり、 地力を上げるということと、 戦略的な差別化をつけるということは別の練習が必要になる。 現状を考えてみると 「攻めれるけど相手が守りやすい」という状態かな。 ハーフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分のスタイルを作る

1.自分に合ったプレースタイルを決める。   (1)基本的には攻撃回数を増やすネット前~ハーフを使い、     上から打つ回数を増やす。   (2)チェックスマッシュとスマッシュを組み合わせ判断を遅らせる 2.そのプレースタイルでどう勝つのかを考える。   (1)次の球を自分のフォアへ誘うような球回し     (コースとタッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相手に「打たせる」球とは

・速い羽を打つとストレート ・ゆるい羽を打つとクロス ・低いロブを上げると角度のないスマッシュ ・体の真ん中に打つとストレート ・高く、後ろまでロブを上げるとカット
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分のプレーの中心となる軸と足りない部分

上げない、ということは攻撃させないための基本的な考え方だが、 それを実現するための自分の軸はなんなのか? 自分の軸 ・ミスをしない  追い込まれたらつなぐ、ミスしない。 ・ボディ,及びアレーへ逃げていくストレート  次の返球をしぼるストレート。 試合の中で流れを作るためにはもう少し他の核が欲しい。 強烈な一発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調子がいい、を勘違いしないこと

  調子がいい、絶好調!っていうのは滅多にないこと。   逆に最悪な調子、というのも滅多にない。   大抵は良くも悪くもない状態であり、  調子が悪いという言葉はほとんどの場合当てはまらない。   その良くも悪くもないなかで、  いかに勝つか、勝つために何ができるか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつも通りにいかないのは当たり前

  試合では、会場も、シャトルも、雰囲気も、時間帯も、相手も違う。   「いつも通りにいかない」   「いつも通りにいこう」  は通らなくて当たり前。   「いつもと違う」ということを意識して、  今の自分の状態、環境において出来ることに「挑戦」する  気概が大事。   いつも通りにいかない、とイライラしたり、  縮こま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パートナーがミス、または狙われている時は

  自分までミス出来ない!   と縮こまるのではなく、以下の様に挑戦的なやり方で対処しよう。   (1)自分の方に球が集まるようにする。      →自分のストレートに集めてもらう。      高さやコースがきつければ      ストレートの確率が高くなる。   (2)パートナーが打たれるであろうコースにカットイン    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このままで行こう!はない

  リードしている場合でも  相手はリードされた原因(点を取られたポイント)に  対策をしてくる。   負けてる場合「このままで行こう!」なんてならないから。   次々を点が取れそうなポイントを探していき、  そこに「挑戦」するつもりで行こう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more