テーマ:フォーム-ハイバック

ハイバックのインパクトポイントと体の位置関係

体のしなりを伝え、 腕を振らずに飛ばすのが前提。 その打ち方を実現するためには、 インパクトポイントと体が(左右に)離れていては 力が伝わらない。 なるべく左右は体の近く、かつ前後は体の後ろ側に ポイントを持っていくことでしっかり力が伝わるようになる。 肘を横に開いて体から遠いところでインパクトしようとすると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバックのインパクトを強めるには

1.体の収縮とみぞおちの平行移動 一旦ヒジをたたんでから、みぞおちの平行移動を意識して 胸を開いて体の力を伝える。  2.インパクトの意識 サーブ前ハーフ処理をクロスにもっていくように、 持って行き方自体のしなりを意識する。 かつ、点でのインパクト(はらうイメージ)を意識する
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバックでの体幹の使い方

利き手と逆側の腹筋(腹斜筋)に一瞬力を貯めて、 伸ばした瞬間に力を伝える。 メディシンボール投げで感覚は掴める。 腹斜筋を伸ばした力は、 胸を真後ろ方向に持っていくことで 正しくシャトルに伝えられる。 ここで回転するように体の力を伝えるのはNG。 伝達力が弱くなりシャトルが飛ばなくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背を向けた状態でのバックハンド時の体幹の力の使い方

背を向けた状態でのバックハンドショット (ドライブ、クリアー) では、体を後ろから前に向かって回転させると 体幹の力を使えない。 後ろに向けて胸を張り(胸を後ろに向かって開く感じ)、 体幹を一瞬後ろに入れて、 その一瞬の力を腕を放り出す感じでラケットに伝える。 この時に、前でシャトルを捉えるのではなく、 自分の体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバックの体の利かせ方

スマッシュでは肘の高さを固定して 背筋をきかせることで 体が入るのが理想。 ハイバックはこれの逆で 肘の高さを固定して 腹筋を利かせた結果、 肩甲骨と腕が勝手にスウィングの形を取る、 というイメージ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュ時の肩甲骨の回転軸(バックハンドも)

肩甲骨の回転軸と 体の回転軸を合わせて使うのではなく、 肩甲骨を中心とした回転は 上から下(というか後ろから前?)にして 回転半径を小さくしてやることで ヘッドスピードが上がる。 (力は変わらないからね) 体の前で打つのではなく、 肩甲骨をしぼって(胸を張って)引きつけて、 体の近くまでぎりぎり待ってから 肩甲骨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バックハンドを強打するためには

引く動作を手先だけで行うのではなくて、 肩甲骨を開く動き、 肘を引く動き、 手首を引く動きの全てが必要になる。 出来る状況ならもちろん体重移動もすべき。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバックも引きつけて打つ

前で前で(ネット方向)とろうという意識が強すぎて、 ハイバックを打つときに手打ちになっている。 もっと充分引きつけてから打つことで 上半身全体の力を伝えられる。 ハイバックのスマッシュもカットも同じ。 手先でのショットにならないように注意ね。 スマッシュと同じでギリギリまで引きつけてから 打てってことだね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバックスマッシュの体の入れ方

スマッシュと逆方向の動きになる。 利き手側の腰をネット側に入れると同時に、 逆側の腰をバックバウンダリーライン側に入れ、 その次に肩を一瞬「グッ」と入れる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバックの腕の振りだし

肩甲骨を入れて、 肘は上に居向かってひじ打ちするように、 手首は裏拳で当てて引くようなイメージで弾く。 肘部分はあまり意識出来ていないかも… もう一回見直してみよう。 もちろん、この時に 上半身は伸ばさずに姿勢を保ったまま弾く。 ハイバックに限らず、 プッシュでも一緒。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバックのポイント

1.リストを立てていること 2.ラケットヘッドの重さを感じれるくらい軽く持つこと 3.利き手側の脇を締める   (こうすることで、振出し時に力が分散しないようにする) 4.利き足のかかとをしっかり踏み込む 5.腰→肘→手首を順番に回転させて打つ 6.弾きがいい音になる打点を覚える
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバックのインパクトとインパクト位置

バックでのスマッシュ、ドライブの打点と 同じように低い打点で打っているから 軌道が低いし距離も出ない。 クリアと同じように高めで捉えてOK。 また、インパクトの瞬間に少し振りすぎているため、 ラケットを止めるようなイメージで 小さく鋭く振りぬこう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノック - ハイバッククリアー

シングルのホームポジションから少しエンドラインに 寄せたあたりに椅子を置いて、 ネットに背を向けて座る。 下半身を使わずに、 ハイバックを打つ練習。 (フォーム強制) 指先で打つ意識を持つ。 クロス側から投げる。 エンドラインを目指す。 20本×3セット。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバック時の体は伸ばさない

現在、インパクトの瞬間に 体を妙に伸ばしてしまっている。 体を丸めて、最後の一歩を大きくとり、 腰の回転と肩甲骨を使って打つ。 但し、体は伸ばしきらない事を意識しよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バックの入り方と打ち分け

今はちょっと体が遠くクロスに打ちにくい。 もっとシャトルに対して体を近づけて、 ストレート:面を外に切って打つ クロス:同じ入りからクロスへ振るだけ ラケットヘッドだけが違うから 分かりにくくすることが出来るはず。 これ堀籠さんもやってたなw
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバック、打点

フォアと同じく、 打点は高くすればいいというモノではない。 少し下げて、一番肩の力が入りやすい 位置を意識する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバック-打点の位置

体の外側、かつ体に近いところで打ちすぎているため うまく力が入らない。 頭の後ろくらいを打点にするように意識して打とう。 ちなみに、フォアハンドのままハイバックを打とうとすると 打点が遅れていても強い球が返せる。 現在この状態のためサムアップするよりも フォアの握りの方が楽なんだな、多分。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイバック-羽根の下への入り方

現在の足運びは、 打点に対してしっかりと後ろ向きに入っていないので、 相手に背中をしっかり見せるように コートの奥までしっかりと踏み込む。 フォアでオーバーヘッドを打つときと同様に、 後足が羽根より奥に入るように意識して 体の勢いを使って打つこと。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more