テーマ:フォーム-カット

オーバーヘッドではシャトル(斜め上)に向かって一直線に力を伝えるイメージを持つ

  フォームが固まってきたら、  次の段階として力が横に分散していないか、  (肘が開いて横回転のみになっていないか)  シャトルを打つ点(斜め上)に向かって真っ直ぐ伝えることを意識する。  こうすることで体の力が真っ直ぐ伝わりシャトルに伸びが出る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カットの外側への切れ味を出すには

・カット  バックで握り、  縦になおかつ下から上に切ることでコートサイドに切れていく ・リバース  体を開いて体制を作った状態から  肘を引いて(開いて)カットするとコートサイドに切れていく
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーヘッドでの短いショットの工夫/タイミングのずらし方

  チェックスマッシュがタイミングを早める、  かつモーションが小さくわかりづらく、  なおかと前に短く落とせる。   上に向かって指先でチョイと押し出すだけ。   手首とかで切りすぎるとモーションが大きくなって良くないかも。      フォア側へ飛びつきながらだと、  体に従って自然にラケットが出てくる感じをつか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打点を上げるには、落ちてくる羽根を捉えるタイミングを意識すれば良い

体の持っていきかたももちろん重要だが、 それでも最適な打点になっていない場合 落ちてくるシャトルを捉えるタイミングを意識すれば良い。 ドライブやプッシュと同じで、上から落ちてくる球にも タイミングを意識すれば良い。 シャトルを待ちすぎて 殆ど肩のラインで打ってしまう事がある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カットは当たってから面を入れる

最初から面を入れるとカットだと分かられる(林君より)し、 どうしても伸び気味のカットスマッシュになってしまう。 スマッシュと同じフラットな状態で、 当たってから指先で少し巻く感じで。 手前に落とすか早く落とすかで 軌道(山)のコントロールを行う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上からの打ち分けには

手首から先でカットとスマッシュを打ち分けようと しているからバレる。 上から巻き込む様にカットしているため、 面が下を向いた瞬間に相手にも低く構えられてしまっている。 体幹や腕の方向で分かりにくくする方法を身につけないとイカン。 フォアからのストレートリバースなら、 クロスクリアーのフォームから 手首を入れずに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩甲骨からのしなりを柔らかく伝える=ヘッドを遅らせて出すこと

ただ順番に肩甲骨から関節を前に出すだけでは、 ヘッドを隠すことができないし、 腕を前に出す力だけになってしまう。 肩甲骨からしならせて力を伝えることで 1.ヘッドを遅らせて出処をわかりにくくさせる事が出来る   (特にリバースカットが練習になる) 2.体の中心からの力を伝えることが出来るので球威が上がる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーヘッドストローク時は一気に引くことがパワーにつながる

スウィング準備(引き)に入る時に ゆっくり引いてスウィングに移るのではなく、 一気に引いて、その勢いをそのままシャトルにつなげられる形を 作ることを意識すること。 1.引くタイミング   早く引きすぎるとその分の力が逃げてしまうので   引きの力がそのままスウィングに伝えられるタイミングを意識すること。 2.引き方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リバースカットは頭の後ろで引いて打つ

1.頭の後ろでインパクトする 2.前から後ろに向かって引くことでインパクトする。   (間違っても前に向かってスウィングしてはイカン)   フォームとしては、肘を開いて手首を強烈に引くこと!   引く速度は肘1なら手首3くらいのイメージ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロスカットの切り方

クリアーを打つように上に向かって振りながら切る。 但し、ドリブンクリアーのようなイメージで 体をしっかり入れて切る事。 この打ち方のまま指を入れ込むと カットスマッシュになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュ&カットまとめ

1.しなりを使って、ヘッドが勝手に返ってくるのを待ってから握り込み、   ヘッドスピードを上げること。   絶対に腕の力でスウィングはしないこと!   (=脱力が絶対条件,肘の出し入れも同じイメージ)   しなりが使えているときは、手首の起動が円運動ではなく   段々の起動になるはず。 2.しなりを使ってインパクトする際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リバースカット(クロス)を短く落とすには

上から下に向かって切るんじゃなくて、 下から上に向かって切るイメージ。 (フォア奥の追い込まれた時のカットと同じ) シャトルの真横というより少し下~横にかけてを切る感じかな? この時にしっかり肩を入れないと球足が長くなるので注意。 菅野に教えてもらったスマッシュのフォームど同様に、 1.引きつけて肩甲骨を閉じる 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カット/リバースカットの肩の使い方とスタートタイミング

開始タイミングが早すぎる=スウィングスピードがゆっくり になってしまうのでバレてしまう。 もっとギリギリまでまってスマッシュのタイミングで一気に振り切る。 また、カットを打とうと思うと、 無意識に肩が入らず(下がったまま)売ってしまうので フォームでバレるし、 軌道が中途半端になりがち。 しっかり肩をいれよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーヘッドからのタイミングを変える

常に同じ位置で触るのでは相手がタイミングを取りやすい。 なので、以下のパターンでタイミングを変えられるように 練習してみよう。 (2についてはシングル専用かな) 1.体を回転させ終わる前に1テンポ早くタッチしてカット 2.1の逆で、体の回転が終わって打点を遅らせてのカット 3.体を回転させ終わる前(ジャンプ中)に1テンポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引きの動作で打つカットの面

上から下に向かって打ち下ろすのではなく、 追い込まれている状況で 引きのカットを打つ場合には、 面を少し上向き、あるいは並行くらいにイメージして切る。 この打ち方ならネットを超えてから急に落ちる形になる。 既に打点が低い状況なので、 下に向かって降るとネットを越えない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角度のあるカット

 ①早く落ちるカット(リストを縦に切る方法)   万全の体勢ではなく、   少しシャトルを追いかけ気味で使える方法。 1.グリップはハーフ~バック寄り    (個人差有り、自分の打ちやすい持ち方でOK) 2.ラケットの持って行き方として    足と体を入れ、それに合わせて予備動作無しでシャトルの位置まで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロスカットのフォームを分かりにくくするために

基本は「ストレートスマッシュと同じフォーム」 なのだが、特に何を意識すべきか? 1.インパクトの位置   リバースクロスカットを打つ場合に   体の中心線より利き手側で打ってしまう癖がある。   ストレートスマッシュと同じように、   肩のライン上でインパクトするように意識すること。 2.肘は高く保つこと   今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カット/リバースカット時の肘

カットしようとして肘を横からもっていってしまうと それだけでバレてしまう。 スマッシュと同じように肘を後ろから回して、 手首で面を変えてやると わかりづらくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カットのインパクトのイメージ

「シャトルの側面(コルクと羽根)を同時に切り、  かつ最後は肘から先と握り込みで加速させる」 体全体を使える/使えないにかかわらず、 肘から先のイメージは一緒で、 「小さく速く」振りぬく事。 クロスカットはあまり極端に面を切らずに 強く当てて打つ。 ストレートカットは極端に面をズラし、 一瞬で力を伝えるように打つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーヘッドのクロスショット

フォア側、バック側共に 「シャトルの後ろ」に入ることが肝要になる。 下ではスマッシュと思わせる事が出来ない。 フォア側 シャトルの後ろに入り、 スマッシュと同じくフルスウィングを心がける。 この時にラケットの持って行き方と 面の出し方をスマッシュと共通にすること。 カットの時は外から大回りするようになってしまうの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カットを分かりにくくするには

カットを分かりにくくするには 1.体を伸ばしきらない 2.利き手と逆側の肩が開かないように止める事   (体が流れないように) 3.シャトルの「下」ではなく「後ろ」に入る事。   こうしないと、ラケットの持って行き方が   身体の後ろから大回りする形になってしまいバレる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カットのかけ方イメージ

カットでもリバースカットでも、 カットをかけるのは 最高到達点で「下から上に向かって」 かけると角度のついた早い球が打てる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more