テーマ:ショット-全般

中間~ハーフ構え直しの速度向上

ラケットヘッドのフレームを相手に見せておき、 インパクトの瞬間にのみシャトルと面を合わせる。 引くときには面を起こさずにそのまま肘を引くことで 早い戻しが可能となる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角度の付け方

角度をつけるショットは 押し出すんじゃなくて、 シャトルを包み込む角度を作るために 肘と手首を斜め後ろへ跳ね上げる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の最適な打点を見つける→移動を調整する

今はとにかく早く近くまで寄る、 としか考えていない。 自分がどこで打った時に一番いい球が行くのかを覚え、 移動距離が少なくて済む時には 必要以上に球に近づかないように意識して 無駄をなくしていこう。 やや体から離れたあたりが得意みたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュは体の力を伝えるだけ

左半身が力んでいる状態で打つと、 体重移動のバランスが悪くなり 次への移動が遅く、 ショットの質も悪くなる。 力を抜いて、 腰、肩甲骨と出した後力まずに 左半身を遅らせて体重を伝えてやるだけ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラケットは振らずに体を寄せる

インパクトのリストで調整することに意識がいってて、体を寄せて伝えることが出来ていない。 体を寄せて力を伝えれば、 腕を振る必要も インパクトを意識する必要もなくなる。 そして次へのバランスの取り方が良くなるので、 体重移動と体の寄せを意識しよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重移動は2段階

 動き出しで体重移動を使うが、  ショットを打つ直前にもう1段階体を入れる事で  動きの加速及びショットの威力向上が図れる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手首を入れ過ぎない

シャトルに対してリストを入れ過ぎているので、 かっちりハマらない確率が高くなってしまう。 握りこむ、運ぶという感覚を身に着ける。 こうすることでネット際の球に強くなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肘のガイドを意識してインパクトを作る

今は肘のガイドがなく、 手首で弾き返すインパクトになっている。 これだけではネット際の球や柔らかい返球、 コース変更が難しい。 肘の出し入れでインパクト位置に幅を持たせる意識を持つ。 線+線(手首を返さない),線+点(手首を返す)のインパクトを意識する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インパクトを強める

ポールの上下運動を意識して、 ただ肘を直線的に出して引くのではなく しならせて肘を出す→しならせて肘を引く ということが重要。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛びつきの体と面の使い方

 シャトルを追い越して打ってしまってるので、  打つ直前の無重力地帯を意識して空中で0.5秒止まることを覚えよう。  ・フォア側   逆足でバランスをとる事、   かつ逆手でラケット方向と逆の勢いを足してやる事。   逆手はラケットヘッドの長さが無い分、   利き手より早く動かすくらいのイメージじゃないと   体のバラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット前への柔らかい返球

 ストレートネットへの返球は体~腕の動きをつかい  そのまま上側を軽くなでるようにすることで短く返せる。  クロスネットへの返球はシャトルの後ろ側を内側から外側へ  なでる事で短く返せる。  (バックでのクロスカットは下から上に撫で上げる)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰の動きに「脇腹の腹筋」「足の付け根」を連結させる感じ

移動時に足は出ているが、 「腰と上半身をつなぐ部分」とこ「腰と下半身をつなぐ部分」の 連結,連動がうまくいっておらず、 シャトルに対する体の寄せが甘くなっている。 タッチ位置、及び体の力を伝えることによる威力 に大きな違いが出てくる。 腰の上にある腹側の連結、 足の付け根との連結をもっと意識しよう。 意識…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショットの安定性とキレ向上には

シャトルに対して下に入るのではなく、後ろまで入るように意識する。 かつ、体重移動を伝えることを忘れずに。オーバーヘッドでは前への重心移動を一本一本行う事!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュの方向にディセプションを入れる(入りから既にディセプションは始まってる)

  左クロスへ打つ時には引きが大きく、  右クロスへ打つ時には引きが小さくなっているので分かりやすい。   分かりにくくするため、かつ体の力を使うためにも左半身をしっかり引く癖をつけよう。   そのあとの体の入りの大きさでディセプションをかける。   回転をしっかり入れて左サイドへ、  回転を入れないで右サイドへ親指、小指でコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親指小指打法

親指小指で方向を変える時には、スウィングでラケットが向かう方向の指を入れる。そこで肘を入れると指を入れた時とは逆方向に飛ぶ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

へそベクトルを下げない

移動して打ちに行くとき、 上体(正確にはへその位置)を下げずに シャトルの方向へ持っていくイメージ。 これが下がると重心移動の力が シャトル以外の方向にいってしまい 力が伝わりにくい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1つ1つのショットの精度に意識を傾ける

足、守備力、力ばかり上げてしまった結果 「1つ1つのショットが甘い」 ことに気付いていなかった。 「技」が足りてない。 自分では取れるからあまり気にしたことなかった。 オールラウンダーと組むと相手が強くても勝率いいんだけども、 それ以外の人と組むと勝てないのはこれが原因。 自分もパートナーも少し甘い球出しても 取れち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インパクトの集約を意識する

強打はインパクト時点でラケット以外動いていない =力が100%集約されている状態を常に目指す。 ドライブ→プッシュで意識すれば、 平行で角度のないところからでも強打で 入れる事が出来る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more