テーマ:フットワーク-全般

自分の最適な打点を見つける→移動を調整する

今はとにかく早く近くまで寄る、 としか考えていない。 自分がどこで打った時に一番いい球が行くのかを覚え、 移動距離が少なくて済む時には 必要以上に球に近づかないように意識して 無駄をなくしていこう。 やや体から離れたあたりが得意みたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動作の終了は不安定に

1つのショットの動作が終了したときに バランスが良すぎるとそこで動きが止まってしまい、 次の動きへのつながりが切れる。 ・前へ突っ込んだ時 上半身を打点側へ少し倒してヒザを張ることで、 逆サイドへの加速が出来る。 ・前衛で横に飛んで打った時/サイドドライブから前へ/スマッシュからドライブへ 足の着き方を少し後ろに足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒザを深く落とし、骨盤への体重移動と運動方向を加える

 動き出しが悪いのは、  シャトルがどちらに来るか判断しないうちに  筋力に頼って床を蹴ってしまうから。  どちらに来るのか判断し、  瞬間的に膝を深く沈めてから骨盤へ伝える事で改善される。  これはネットくぐりで身に着ける。  少し離れた位置に立ち、  深く膝を落とした勢いで骨盤を進行方向へ流し、  進行方向へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体全体を使った移動方法

ハムストリング~臀部までを緩めておき、 この部分と内転筋を連動させて骨盤に力を伝える。 伝えられた力は骨盤の中を通って 逆足と上半身に向けて、 両方同時に操作する意識を持つ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不意のコート奥が何故取れないのか

ネット前よりも時間があるはずなのに その場から動けない事がある。 これは、ステップを踏むタイミングが早すぎるから。 打ち出されていない=どの方向にいっていいか 分からない状態で蹴るから腕に伸び上がるしかなくなっている。 もっとゆっくり待ってから一気に蹴るように 意識しよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイミングが取れない打ち方への対処

わかりやすいタイミングで打ち出されたものに対しては かなり広い範囲で取れている。 タイミングを外された時に、 蹴るきっかけを失うと途端に守備範囲が狭くなる。 そういう時には膝を抜いて重心を崩して 取に行く意識が必要になる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰の動きに「脇腹の腹筋」「足の付け根」を連結させる感じ

移動時に足は出ているが、 「腰と上半身をつなぐ部分」とこ「腰と下半身をつなぐ部分」の 連結,連動がうまくいっておらず、 シャトルに対する体の寄せが甘くなっている。 タッチ位置、及び体の力を伝えることによる威力 に大きな違いが出てくる。 腰の上にある腹側の連結、 足の付け根との連結をもっと意識しよう。 意識…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショットの安定性とキレ向上には

シャトルに対して下に入るのではなく、後ろまで入るように意識する。 かつ、体重移動を伝えることを忘れずに。オーバーヘッドでは前への重心移動を一本一本行う事!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素早い準備のための体捌き

引きの動作や フットワーク時の体入れ替え時にはすり抜けをイメージし、 利き手側の方が体の中心の近くを直線に近い形で持っていく
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フットワークの一歩一歩の細かい体重移動

形だけは出来ているが、 その内実に体重移動と蹴りが伴っていない部分がある。 フォア側の横への飛びつき、 フォア前へのステップ等。 早くやることが練習ではない、 一個一個の動作をゆっくりでいいから確かめながら クオリティをあげることを意識しよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上半身は上半身の付け根で支えておく

上半身を支える意識のないまま動くと、 全ての負担が足にいき、 動きも遅くなるし疲れもたまる。  骨盤の奥で 上半身を支えるように立つと動きやすい。 (丹田の奥?腸腰筋=背中の付け根で支える。  股関節で支えると足がこわばってしまうので注意!)  体幹で上半身の重さを支えられるので、 下半身の負担が減らせるのかな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重心が安定し過ぎると動き出しずらい

普通のバドミントンの構え方は、 体重を右足と左足に均等に掛けて腰を深く落とす。 けど、安定している=動きだしずらいんじゃ? あんまり片方に極端に寄せるのは良くないので 6:4でどちらかに寄せる。 どちらかの股関節から少し足の付け根に重心を寄せる感じかな。 その状態から、 行きたい方向の足の股関節を緩めてタイミングを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨盤の傾きで行きたい方向への体を動かす

足と上体のつなぎ目である骨盤を 移動したい方向へ傾けることによって 上半身にかかる重力の方向を 移動方向へシフトさせる感じ。 この傾けるときに 股関節を緩めることを同時に行うと 体の中心の力が上手く使えるんじゃないかと模索中。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移動はもちろんだが、戻る時にも腰の高さは重要

移動時~ショットまで腰の高さが上下しないことは 安定した動きとショットのために必要。 これだけではなく、 戻るときに腰が高いと 無理やり足の筋力で体勢を戻すハメになってしまい 目線の上下、体力の消耗といったデメリットが出てくる。 なので、着地と同時に腰の高さも下げるように意識しておこう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動き出しのロスを少なくするには

1.初動時の重心の縦方向以外のブレをなくす、   →横方向への余計な重心移動をなくす    →早く動きすぎず待ってから股関節とみぞおちの重心移動を行う。 2.オンとオフのイメージ   脱力のイメージから瞬間的に100%を使い切ることを意識する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more