テーマ:フォーム-ロビング

地面ギリギリのロブ

 ヒザを深く落とし、骨盤へその力を流して動き出す。  この流れに逆らわず腕(ラケット)をシャトルの方向へ持っていき、  最後の瞬間に引く動作で打ち上げる。  グリップを低い位置までもっていかないと  跳ね上げられないので注意。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

跳ね上げるロブ

 しっかり下から入って上げるときには、  腕を振り回すのではなく、  ヒザ落とし→骨盤流し→体を寄せる→ラケットを流れに任せて寄せる、  からの肩・肘・グリップを引いて跳ね上げる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロブのコントロールを上げるには

フォア 人差し指と中指で押し上げるのではなく、 親指でグリップを固定して人差し指と中指は添える感じでコントロールする。 バック 親指で押し出すよりも人差し指と中指を打ちたい方向へ持っていく方がコントロールしやすい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォア側ロブの体幹からの力の伝え方

腕を引いて肩甲骨のやや外側に力をしっかりタメて 前でスウィングするイメージ。 ここにためれないと 腕の力で振るだけになってしまい、高さも飛距離も出ない。 体に近いところで打ってしまいがちなので しっかり懐にスペース作って前で捉えるようにしよう。 クロススマッシュの練習の時に意識しよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロブの身体操作

角度がなく、かつかなり下で取るときを除き、 手の振りはほぼ必要無し。 ネットの中間くらいのところでは、 ラケットを出して、 体のしなりをそのまま伝える感じ。 詳細には、ラケットを出してシャトルが乗ったら、 そのまま前に向かってしならせてコルクに伝える感じ。 クロスの時には、 外切りのヘアピンの様に 内側から持ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロブでは余計なラケットの動きはしない

下から取らなきゃいけない時点で既に遅れているのに、 引く動作をしてたら余計打てなくなる。 バックのプッシュと同じように、 体の勢いに任せて腕を放り出して、 出てきたラケットを握り込むだけで充分。 左右のランダムノック入れようかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロスの球をロブで打つ時の面

腕の振りに合わせて面が内側を向いてしまって 中途半端にセンターに返っている。 面自体を外に向けてストレートのアレーにコントロールしよう。 振り自体はネットに並行にカットするイメージ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正面のロブ

クロス方向から打たれたネット前は 体が斜めになっているので 自然とラケットとネットの面が平行になるので 意識しなくても上に向かって切りながら振り抜くだけでOK。 正面から打たれたネット前も同様に、 ネットとラケットの面が平行に(壁を作るように) 上に向かって振り抜いて切りながらロブを上げる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正面のロブ

センターから斜めにネット前に行くと、 体が自然と入るようになっている。 これが真正面のネット前に行くと、 体が入れにくいので、 しっかりとした高さのあるロブが打てない。 藤沢みたく 体の勢いそのままに自分が下に沈み込みながら フォロースルーをとることで しっかり体を入れないとイカン。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットギリギリのロブは手首を起こす(立てるようにして)スウィングするとネットに引っ掛けにくい

フォアでもバックでも、 ネットと並行にカットすることで奥まで飛ばせる。 が、ギリギリの球であるためどうしてもひっかけてしまう… フォアでもバックでも、 体全体を使う意識はもちろん大切だが、 手首を起こしてインパクトするようにすれば ネットする確率も抑えられる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットギリギリのバックハンドロブ

ラケットを振るんじゃなくて、 リストを使って上に向かって切るイメージ。 こうすれば、シャトルの向きが変わるタイミングと ネットを超えるタイミングが合うので ぎりぎりでも遠くまで飛ばせる。 フォアでも同じ。 ワイパーだね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当に上げるしかない場合の入り方

戻りを意識してしまい、 後ろに体重を残してしまうと 「高く奥まで」 という本来の目的のショットの精度が下がってしまう。 高くあげれればとりあえず時間は稼げるから、 膝を落としてシャトルの下にもぐりこんで かちあげるイメージで。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォアロブの弾く意識

シャトルへの体重の乗せ方は、 1.骨盤の回転運動 2.利き足への重心移動 3.上半身を入れる 4.肩→肘→手首 5.人差し指と中指で弾く(ここ重要!) 5.の感覚はなかなか掴み辛い… けどここがないとクロスまでしっかり返せないので 繰り返しやるしかない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロスロブは肘から先でコントロールする

ロブを打つ時でもリストを立てて入り、 打つ直前までどちらか分からないように 肘から先でシャトルの方向を変えてやる。 ※体自体は向けないように意識しとこう※ 肘を出すタイミングを少し遅らせて 体の外側でスウィングだとストレート、 肘を出すタイミングを少し早くして 体の内側寄りでスウィングするとクロスへ行く。 今は肘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロブの上半身の使い方

コンパクトな打ち方ばかりしてたせいで 奥まで高く上げられない。 重心をシャトルに載せてやるように、 上半身を入れて、 肩→肘→手首と入れてやることを意識しよう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロスロブ

 フォア側   ○インパクトの瞬間に体重を乗せることは出来てる   ×肘から先だけでスウィングしているので、    どうしてもクロスで高く奥まで返せていない。    上半身全体を使ってスウィングスピードを上げるよう意識する。    肩からしっかり入れてやる。   ×インパクト時にうまく力が伝わっていないような…    手首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォア側ロブのポイント

これが苦手なんだなー、 しっかり高く奥まで、 ってはわかってんだけど飛ばせん! ポイントとしては ・シャトルの落下地点に左足を入れる ・打つ前は肘を伸ばさず遊びを創る ・時計の8時から1時を反時計回りに手首の回内を使う これがあるのとないのとでは全然展開が違うから、 やっぱ練習が必要だな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォアでのロブが苦手な訳

元々ロブは苦手なんだが、 特にフォア側が苦手。 ストレート、クロスに限らず高く奥まで返せない。 原因が2つ考えられる。 1.リストスタンドしないで打っているのでスウィングスピードが出ない 2.体の外側に来た球に対して、つま先(足)をしっかり入れていないので   手打ちになってしまう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビング、フォア

足を大きく踏み込み体重を乗せ、 上半身を立てて上げる。 前足にしっかりと体重がのっていないと手打ちになってしまう。 着地時は太ももよりもハムストリングスで止まる事を意識する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more