テーマ:フォーム-レシーブ

肘を開かずにフォア側を処理する

 肘を引く動作でそのまま打つ方法、  これは以前やったけども意識も持ち方を変えてみる。  このうち方は体の奥で処理できるので、  バックで最速タイミングを狙い、  フォア側に来たらこの打ち方でドライブ/クロスショートを狙う。  この時にグリップとラケットヘッド下側フレームを起点として小さい回転半径での  打ち方を覚え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レシーブの安定性向上=動きを少なく鋭く

レシーブは面を返すというよりも外側に払う動き、 面を返すよりも小さい動きでコントロールするイメージを持つ。 速い球に対しては面を返さず、 そのまま腕を前に持っていきながら勢いを吸収することで柔らかくネット前に返せる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レシーブ時の骨盤角度維持

 球が打たれた瞬間に骨盤の角度と  上半身を立てる感じが崩れている。  この姿勢を維持したまま、  腰を折らず足と重心を運ぶことで安定する。  前後のショットが来ても同じこと、  最初に自分で崩してしまっているので注意。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュレシーブ、センターの球のクロスへの引っ張り方

今はセンターを向きすぎてるのでクロスに返しづらくなってる。 サーブアレーの端を向くくらい横を向いておくと返しやすい。 フォア、バックともに自分の体の外へ引いて打つ。 この時に体幹と足で後ろへ崩れないように耐えて一気に前に出ること。 打つのはカウンターだしね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レシーブは肘の出し入れではなく利き手側の体幹の出し入れで行う

以前習った肘の出し入れではスウィングスピード及び、 力の伝わり方が不十分。 利き手側の体幹を一瞬出し入れする動作が必要。 1.フォア側  (1)前に向かって体幹の出し入れを行う  (2)その動きのまま腕を放り出す感じ  (3)ヘッドが自然に返ってくるのでその時に一気に握り込む 2.バック側  (1)利き手と逆足を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レシーブの肘の出し入れ=しなり

ヘッドスピードを上げるために 肘を出して引く、という動きなのだが、 それ自体が個別の動きにならないように注意。 小さく肘の出し入れをする=しならせて打つ と同じ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォア側レシーブ

体の前で取り過ぎて引きの動作で打ててない。 体の横~やや後ろくらいの位置をイメージして、 腰、肩、肘、手首の順番に引く。 限界まで待って、ストレートに飛ばす練習から始めよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォアハンドレシーブ

引きの動作を行うときに、 リストスタンドしなくても良い。 リストスタンドしてるとドライブに近い球しか出せなくなるかも。 シャトルのコースにラケットを真っ直ぐもっていき、 肘→手首の順番で一気に引いて飛ばす。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロスへのショートリターン

ラケットに余計な動きを加えてしまうと ミスが増える。 ラケットを引かずに、 真っ直ぐシャトルのコースに持って行き、 来た瞬間に肘と手首を引いて合わせる。 フォアでもバックでも同じ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レシーブは肘の出し入れ

リストだけで飛ばすんじゃなくて、 1.肘をまずシャトルに合わせてもっていく 2.肘を引くことにより手首が帰る 3.リスト&指の握り込みでインパクト という流れを意識しよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レシーブ

 ①余計なことはせずに、   充分手元まで引きつけてから一気にスウィングする。   焦って体重ののらない状態でレシーブして中途半端になったり、   前でとろうとして間に合っていなかったりと   最高に無駄な事ばかりしている。   ②手首から先だけで打たない   肘の出し入れを行うことにより、   「結果手首が返る」   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォアハンドレシーブ

 グリップの引きの動作だけで可能。  (大きく返す時は少し肘も使うかな)  レシーブ時は基本的にバックで構えるので、  遅れたときの緊急回避用にも使える。  ①クロスロブ   体の真横ぐらいでグリップ斜め後ろを引いてインパクトする。   少し勢いが欲しければ肘も使う。  ②ストレートロブ   クロスロブの時よりもタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肘回りのレシーブの重心移動

左右にずれた球、 角度のついた球に対しては、 後ろに重心移動するのではなく、 横(+出来れば前)に重心移動してレシーブする。 この方が前で捉えていいシャトルを打てるし、 インパクトのポイントがずれにくい。 今は低めに来た球でも 腰を引いてレシーブしてしまうので、 インパクトのポイントがずれて浮いた球になってしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レシーブの幅を持たせるために-上半身の使い方

 今までは足を出しても、  それに伴う上半身をあまり意識していなかったため、  守備範囲が狭く、かつ構えているところ以外に  シャトルが飛んできた場合に弱かった。  「足を出して上半身を入れる」  までを1セットと考えよう。  また、ボディ回りの予想外の球も  お尻のどちらかに重心を寄せて上半身でスペースを  作るよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肘回りのクロスレシーブ

  ○シャトルをカットしてクロスのショートへ    落とす感じがつかめた。   ×ラケットヘッドが最初に下がってしまうので、    シャトルが飛んでくる瞬間まで    ヘッドを立てることを意識しておく。   ×ロングの軌道がドライブ気味になっており、    右利き相手だとつかまってしまうので    ドリブン/ロング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椅子レシーブ

  ×シャトルを下から叩いて軌道を変えるような    イメージでインパクトを意識する。    ということはリストを立てたまま    シャトルの下にラケットをもぐりこませるイメージが    必要になる。    正面から当たるとドライブ気味になるので注意。   ×バック側のラケットの出し方が    シャトルの軌道に対して一直線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レシーブの構えと引き

プッシュと同様に、 最初から引きが少なくなるような形を作っておく。 リストを立てて、 指を遊ばせておく。 レシーブは指先がメインで、 手首を大きく使いすぎないこと。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レシーブのポイント

・強く飛ばす 踏み込んで 腰を入れて 手首に力を入れて。 腰が引けてると出来ない。 ・ショートレシーブ 1. 来たシャトルに対して膝を入れる、腰を入れる。 膝は90~130度にまげて、 腰は、お尻を後ろに残さず、一番下の腹筋を前に出す。 胸を張る感覚。 2. 手首は必ず90度を保つ。 3. 打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守備範囲を広げるには(足幅)

肩幅の2倍くらいに足を開くこと。 こうすることで 目線が下がるので球も見えやすく、 重心も低く動き出しやすくなる。 また、 左右に打たれた球を足を動かさないで 重心の移動だけで、 自然とシャトルの方に重心を寄せることが出来る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レシーブのポイント

1.肘を支点にして、前腕でシャトルコースに合わせる 2.手首を固定して指先で弾く、コントロールする
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レシーブの打点(速い球を返すには)

コンパクトなレシーブのための懐のスペースは、 「レシーブ時に飛んでくる球とグリップを  同じ詩やの中に見える位置までラケットを上げる。」 ととりやすい。 つまり、 自分のラケットのグリップを見ながらレシーブする。 こうすることで ラケットは自然と上がるし、 同時に懐のスペースも作ることが出来る。 グリップち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more