テーマ:サービス回り

サービスプッシュ後の3打目の狙い方

3打目を狙う際には下がらずに前で処理すること! 沈めた球~ドライブを打てた場合、 浮いてくる球~ドライブが来る。 ↓ ネット前へ詰めてプッシュ、 ドライブが来たら膝を前に出して上体を逸らして叩くようにする。 プッシュ後には、自分の体をその方向へ持っていくことを忘れずに。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスレシーブ時の腕/ラケットの位置

互いにショートレンジでのやり取りで、 判断~タッチまでの時間が短くなるため、 自然にラケットを出しやすい位置を自分で探そう。 これだけでタッチスピードはかなり変わってくる。 もっと肘とラケットを前でいいのかも。 ロングの場合は振るんじゃなくて引く動作で スマッシュが打てるようにすれば、 ラケットを大きく前に出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスレシーブ時の重心

体の直線上ではなく、少し左半身に寄ってしまっているため 体が遠回りをしてシャトルの位置に行く形になっている。 お腹に重心がある位置を常に意識してレシーブに入ろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートとロングの見分け方(サーブ)

構え始め~打つまでの体の動き、 腕の張り、 ラケットの引き幅、 引いてから打ち出しまでのスピード、 など見るポイントはたくさんある。 羽を打つ前から始まっている、 という意識を持とう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスレシーブ時の重心の位置

足に重心がかかっていて動ける範囲が小さくなっている。 お尻を下から持ち上げるような感じで、 腰に載せることを意識する。 一歩目は小さくして重心移動を利用することを忘れずに。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスプッシュレシーブの意識

返球のベストはハーフに落とすこと。ストレートとクロス、どちらもアリ。 前で処理しないとネットから落ちる球は打てないし、前衛に捕まりやすくなるので注意。 打たれてからでは遅いのである程度予測しておくこと。 長いとカウンターをもらうので注意。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスプッシュで有利になりやすいコース

1.後衛のバックに早い球を打つと、   ほぼストレートに返ってくるのでこれを叩く。 2.ハーフに落ちるショット   長すぎると後衛がドライブ、あるいはクロスを打ってきてこちらが不利になるので注意 3.センターへのドライブ   後衛のボディにドライブを打つと、   ほぼ確実にドライブが返ってくるのでそれを決める。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーブ練習

必ず左右交互に行うこと。 ゲームでは、サーブ→ラリー→サーブとなる。 間をおかずにサーブを連続で打つと、前の球を基準にして練習してしまう。 なので、少し時間をおいて手元の感覚をなくしてから練習すること。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーブ打ち方の意識

ラケットは引いた状態にしておき、押し出すだけのワンアクションで打てるようしておく。 コルクの角度が下を向いていれば上に、上を向いていれば下にシャトルが飛ぶことを覚えておこう。 同じ振りでショートとロングを打ち分ける意識を。 ワンアクションでも、構えをとってから打つまでの間を毎回変えて、相手を前に出にくくすること。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービス回りの意識

 サーブ回りを攻める、  という意識は大事だがそればかり意識して  無理なコースに打ってアウトにしてしまったら本末転倒。  それだけで勝てる程甘くないし。  「出だしを有利に進めるため」  というくらいの意識で攻める事が大事。  ヘアピンして相手が叩いてこないならずっとヘアピンでもいいくらい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスレシーブ時の動き出し

 ①ショート   前に置いている足を抜くと同時に後ろ足で蹴る。   前足でも蹴ろうとすると、   床からの反力で逆にブレーキがかかってしまうので注意。  ②ロング   後ろに置いている足を抜くと同時に前足で蹴る。   後ろ足でも蹴ろうとすると、   床からの反力で逆にブレーキがかかってしまうので注意。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスレシーブの足の向き

人体の構造上、 初動に限れば横への動きのほうが速い。 (股関節を動かした時に骨盤という壁にあたって  体自体にしっかり力が伝わるため) なので、足の向きは横にしておく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロングサーブ対応

右→左と大きい一歩で飛ぶのではなく、 右→左をほぼ1サイドステップとみなして一足飛びして 次の右→左の一足飛びで打つ。 重心移動で下に潜り込むようなイメージ。 後衛で左右に動かされた時も同じ。 この移動ができるかどうかで攻撃回数が変わってくる。 サーキットにもこの動きいれよう。 また、やっぱりロングサーブ対応は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常にラウンド待ちでいこう

サーブから4打目において、 低いドライブが来たらバック、 高めのドライブが来たら ラウンドに飛びつきのステップで 入るように意識しておこう。 待ち順番として ①ラウンド(上げと高めドライブ含む) ②ドライブ(バックで処理) ③ボディ周辺 ④フォア になるかな。 球が来るまでの時間を基準にしてます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーブ周りでショートの打ち合い中に引かない

  相手のサービスプッシュが   自分の体周り/あるいはハーフより少し短いくらいの   ショートリターン(プッシュではない)の場合、   打ち合いの最中にはもちろん引かないが、   打ち勝って相手が下から触る瞬間にも引いてはいけない   (ラケットも下げてはいかん)。   そこから再度ネット前やハーフへのショットもありえるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーブレシーブの張り方

「ロングが来てもスマッシュ出来るギリギリ前」 に位置取りをする。 前3割、後ろ7割くらいで張る。 後ろに自信があるなら前4割、後ろ6割くらいでもいいい。 考え方は 「ショートが来たらプッシュ!  と見せて実はロングを張る」 という感じ。 「サービスラインぎりぎりでロングを張る」 という状態。 心持ちとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスレシーブの体勢

ショート/ロング両方に対応するためには 膝と重心を落としておくこと。 ショートが浮いてこない時には、 上からかぶせるようにプッシュを打つのは難しいし、 重心を一回落としてから初動開始になるので出遅れてしまう。 ロングの時も、 ドリブンが来た時にも体勢を低くする必要がなく返球出来、 かつ重心を一回落とす、という作業が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パートナーのサーブの良し悪しで構えを変える

パートナーのサーブが浮けば、 ラケットを低めに(但しラケットヘッドは立てて) 構えて返球の準備をする。 パートナーが良いサーブを打てば ラケットは高めに構えて攻撃的な返球の準備をする。 浮いていなければ、 ハーフに逃げるか、 正面を狙ったボディかになりやすいので ある程度返球は絞れる。 もう一つ、 相手が下が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービス後はラケットを上げるだけでは足りない

ラケットを上げてプッシュに行く、 というのは出来るが、 ネットの高さ~少し浮き気味に 来た球に対して強打が返せないのは 「軽くテイクバックを取っておくこと」 が欠けているから。 あくまで「軽く」ね、 あんまり大きくふりかぶっても 弱いシャトルには合わせにくいので。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーブプッシュ後の動き

サーブプッシュをボディに打った後に 右側ストレートに逃げてくる球が殆ど。 スルーしてしまったケースが多々あり、 そうすると後衛が下で触るハメになってしまう。 ここは前衛が必ず止める。 1.プッシュ 2.ストレートへのハーフ 3.触って落とす(最低限)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーブプッシュ後の一手

サーブプッシュ後に 体が前に突っ込みすぎて次の一打が取れていない。 1. せっかくプッシュしても、 次のネット前を通過するハーフ球を触れないと、 結局後衛が下から取るハメになってしまい、 守りに入らなきゃならなくなる。 →もっと胸を前に入れて体の前で弾いて、  ネットに体が近づきすぎないようにすること。  また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスのプッシュレシーブ(3打目)のハーフ球への対処

伸びてくるプッシュや 高めはとれるようになっているが、 コートのハーフ~ハーフより少し前に 落とされた時に、 下から取らされても 「ただ上げる球」 にならないような練習をしなきゃならん。 アレーのハーフに沈めるとか クロスに大きく上げれるようにするとか。 こことサイドのコート奥が一番難しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービスプッシュ後の役割

自分達がサービスプッシュ側の場合、 長めのプッシュを打って、 ドライブで返ってくるような場合は 前衛はスルーして良い。 プッシュ直後の崩れた体勢で ドライブが返ってきた時に 無理にタッチしようとするとミスにつながる。 後衛がストレートドライブ/クリアと クロスへのドライブ/クリアをケアし、 前衛は両サイドのネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more