ハイバック-打点の位置

体の外側、かつ体に近いところで打ちすぎているため
うまく力が入らない。
頭の後ろくらいを打点にするように意識して打とう。

ちなみに、フォアハンドのままハイバックを打とうとすると
打点が遅れていても強い球が返せる。
現在この状態のためサムアップするよりも
フォアの握りの方が楽なんだな、多分。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック