ハイバックのポイント

1.リストを立てていること
2.ラケットヘッドの重さを感じれるくらい軽く持つこと
3.利き手側の脇を締める
  (こうすることで、振出し時に力が分散しないようにする)
4.利き足のかかとをしっかり踏み込む
5.腰→肘→手首を順番に回転させて打つ
6.弾きがいい音になる打点を覚える

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック