カットのインパクトのイメージ

「シャトルの側面(コルクと羽根)を同時に切り、
 かつ最後は肘から先と握り込みで加速させる」

体全体を使える/使えないにかかわらず、
肘から先のイメージは一緒で、
「小さく速く」振りぬく事。

クロスカットはあまり極端に面を切らずに
強く当てて打つ。
ストレートカットは極端に面をズラし、
一瞬で力を伝えるように打つ。
力とインパクト時間(シャトルとガットの接触時間)は
「ストレートが1だとすると、クロスは2」
というくらい。
→当てる時間の分量で打ち分けられれば、
 同じフォームで打てる事とイコールになるかな、多分?

体全体を使えるような高い球ならフルスウィングで
手前に落とし、
飛びつきながら、またはクォーター気味の球なら
次の体勢作りのために肘から先で沈む球を打つ感じかな。

いずれにしても手首と指でコントロールすることがメイン。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック