ハイバックも引きつけて打つ

前で前で(ネット方向)とろうという意識が強すぎて、
ハイバックを打つときに手打ちになっている。

もっと充分引きつけてから打つことで
上半身全体の力を伝えられる。

ハイバックのスマッシュもカットも同じ。
手先でのショットにならないように注意ね。


スマッシュと同じでギリギリまで引きつけてから
打てってことだね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック