背を向けた状態でのバックハンド時の体幹の力の使い方

背を向けた状態でのバックハンドショット
(ドライブ、クリアー)
では、体を後ろから前に向かって回転させると
体幹の力を使えない。

後ろに向けて胸を張り(胸を後ろに向かって開く感じ)、
体幹を一瞬後ろに入れて、
その一瞬の力を腕を放り出す感じでラケットに伝える。

この時に、前でシャトルを捉えるのではなく、
自分の体ギリギリまで引きつけてからスウィングすること。
その方が体幹の力が伝わるし、
守備範囲も大きく広がる。

床を這うように低く(ぞうきんがけの感じ)で入ることで
低い球もドライブで返せる。

ラケットの持って行き方は、
体の流れに沿って放り出す=余計なことはしない、
ということを意識しよう。

(1)足をつく
(2)胸を張る
(3)ラケットを引く
テンポ的には1、23みたいな感じかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック