ハイバックのインパクトポイントと体の位置関係

体のしなりを伝え、
腕を振らずに飛ばすのが前提。

その打ち方を実現するためには、
インパクトポイントと体が(左右に)離れていては
力が伝わらない。

なるべく左右は体の近く、かつ前後は体の後ろ側に
ポイントを持っていくことでしっかり力が伝わるようになる。

肘を横に開いて体から遠いところでインパクトしようとすると、
腕の力しか使えなくなるので注意。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック