角度をつけるための体の使い方


腕の力で押してしまうと、シャトルは伸びてしまう。

角度をつけるためには、
体の力を伝えて、腕は押し出さずにスウィングに伝える意識が必要。

オーバーヘッドの場合は
脇腹と骨盤を分離して力を伝える意識も必要になってくる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック