オーバーヘッドではシャトル(斜め上)に向かって一直線に力を伝えるイメージを持つ


  フォームが固まってきたら、
 次の段階として力が横に分散していないか、
 (肘が開いて横回転のみになっていないか)
 シャトルを打つ点(斜め上)に向かって真っ直ぐ伝えることを意識する。

 こうすることで体の力が真っ直ぐ伝わりシャトルに伸びが出る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック