オーバーヘッドのラケットの動きを小さくする

シャトルに合わせて体とラケットを持っていき、余計な軌道を作らないこと。
持っていくときには構えの位置から体の中心(頭)近くを通し、
軌道を小さく、早くすること。

この記事へのトラックバック