細かく速くの腰~肩甲骨にかけての動きを意識する

 フォアでもラウンドでも、
 飛びついた時には体を入れる余裕がないので、
 半径を小さく、早くして
 左腰を少し入れてその勢いを左肩甲骨へ伝える感じが重要になる。

この記事へのトラックバック