テーマ:フォーム-ドライブ

フォア奥からのショット

 ヒザを深く落として(抜いて)から  骨盤を流して体重移動を行い加速する。  打つ直前にもう一度体重移動を行いショットにつなげる。  グリップをどこまで奥に差し込んで準備するかによってドライブか  クリアーかが決まる。  ドライブは引く(角度により調整)、  クリアーは真下に引いて跳ね上げるイメージ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロングドライブ

自分の前で落ちてくる球に対して使うのは危険、叩かれる可能性大。 フォア 体の横で打つ場合は引きの動作と握り込みで飛ばす。 体の前で打つ場合は体の出し入れと握り込みで飛ばす。 バック 後ろで取るときはハイバックと同じ要領で後ろ方向に力を伝える。 横で捉える時は体幹の出し入れの力を伝える。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆足出してのバックハンドドライブ

クロス気味に来た球をサイドへ流すには、 縦にラケットを振りつつ、指の捻りで外側へ持っていける。 肘を少し出して体の前にスペースを作っておかないと、 引く動作自体ができないので注意。 (ボディに近いからね) 脇の裏側と使って引く動作を行い、手打ちにならないようにする。 体の出し入れは長距離ドライブでも練習出来る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイドに振られてからのドライブ

前で無理に捉えようとすると浮いてしまうので、 体の横までしっかり待って ラケットを上から下にかぶせる感じで押し出し、 相手が簡単に詰めてこれない、かつ浮かない長い球を意識して打とう。 ラケットの持って行き方は、 体の流れに任せて放り出して、 シャトルに対して一直線に持っていく感じ。 余計なことはしない! 振られた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体の中心からのしなりを伝えるドライブ

1.フォア側  (1)体を回してしまっているのでストレートに打ちきれない。    肩甲骨を肘を真後ろに引いてしっかり沈める練習が必要。  (2)体に近い球は体を引いてスペースを作って打つ。  (3)充分引きつけてから、利き手側の体幹の出し入れを使って打つ。 2.バック側  (1)足が出ないで上半身だけで打ちに行ってるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライブの打ち方及び練習方法(M)

1 線運動のドライブ 肘を支点にして押し出すように打つ。 体から遠いシャトルは出した足の直線上で捉えるようにする。 2 かぶせるドライブ クロスに持って行く時に一番向いてる打ち方 3 下から切るドライブ 外側に向かって切るのではなく、 シャトルの下側を前に向かって切る。 この打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バックハンドでのドライブ

上半身を入れて打つとイイシャトルが飛ぶんだけども、 構え直しが遅くなってる。 特に弾くことを意識したら、 バックハンドでも掌にグリップを当てる反動動作が うまくできなくなり、 徐々に遅れてしまう。 インパクトの瞬間に面が切れすぎて、 抜けた球になってしまう事もあったので 確実に指先でコントロールしてミートすること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレート/クロスの入り方を一緒にする練習

ドライブの入りを一緒になるように確認。、 フォア側ではクロス体勢で入った場合、 指でラケットを回しつつ、少し肘と手首を 前方向に押してやる感じかな。 バック側も同様だが、よりハーフ気味に グリップしていないとストレートへの面の変更が すげぇ難しかった。 少し長めに持って反動動作を使えるようにしつつ、 ハーフで持つことを意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弾いて強い球を打つには

面を切った状態から、 インパクトの瞬間にタイミングよく小さな 回内運動を高速に使い、 そこに反動動作(掌にグリップを当てて戻す) を入れるとシャトルに力が伝わる。 林君とけんじくん言ってたのを 合わせた感じかな~。 同じフォームでカット/クリアが打てるようになるらしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライブのフォーム

ラケットの面と軌道は スマッシュ/カット⇒上から下へ ロブ/クリア⇒下から上へ となっています。 では、ドライブは? まっすぐ打ち出すから後ろから前になる。 フォアでの調整が難しい場合は このイメージを持つと調整しやすいかも。 振る時は、 肘を出してから振り始める、 かつ肘を出した瞬間に握り込む。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライブのイメージ

バスケのドリブルのような感じで、 床に向かって「肘から先」で弾く。 ボールは床に向かって弾くと、 必ず手元に戻ってくるので 無意識のうちに帰ってくるボールを手で迎えに 行くことになる。 これが構え直しのイメージと同じになる。 ドライブはこれを床と平行にしてやるだけ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライブの肘/リスト/指先の連動

指先とリストだけで打つのではなく、 肘からのしなりを少しだけ入れて リストと指先はコンパクトに弾く。 しならせた分、リストから先が大振りになりやすいので注意。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more