テーマ:課題

へそベクトルを下げない

移動して打ちに行くとき、 上体(正確にはへその位置)を下げずに シャトルの方向へ持っていくイメージ。 これが下がると重心移動の力が シャトル以外の方向にいってしまい 力が伝わりにくい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相手をネット前に出てこさせない、我慢する球回しを覚える

 強め/長めの球で相手を前に出てこさせない、  我慢のラリーが必要となる。  相手をのけぞらせる、  相手を後ろに追いやってからの  短いショットを狙う事。  最初から短いショットをチョイスしても  効果半減。  長い球はコースや角度が悪ければ即カウンターをもらう事になるので注意。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中間の球を浮かせないためには

 体を入れて潜り込んでから、  押し出すのではなくて  引く打ち方(集約されたインパクト)をする必要がある。 前で捉えすぎても力のない球になったり  浮いてしまうので注意。  バック側の高めでも同様で、  押し出すではなく、  ラケットで巻き込むようにして引き  抑え込む必要がある。  体全体を使わないと出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見るべきは打つ瞬間の相手

しっかり上げた時などは相手を見ているが、 パートナーが打ったプッシュやドライブを、 返球する相手の体勢ではなく パートナーが打った球を基準に一歩動いてしまうため 逆への切り返しが取れない。 どこで何をもって判断すべきか、 をもっと意識しよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試合になると脱力しきれていない部分がある

試合になると、 インパクト前に前腕に力みが出て スウィングのインパクトポイントが間延びして 力ない羽根になってしまっている。 また、股関節周りも固くなり タッチタイミングが遅れる、 追い付けない球が増えるといった感じになっている。 普段の練習からここの脱力を意識しておこう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリギリの球、落ちてきた球にも攻める意識を持つ

ネットギリギリ、 あるいは少しネットから下で取ったシャトルは、 基本的に浮かない/ハーフ気味のショットで 「攻撃させない」事には 成功してる。 ただ、これだけでは足りない。 ギリギリの球に対してプッシュで攻める、 下から取らされてもクロスドライブで前衛を抜く、 或いは前衛を越えてクロスの奥に返す、 といった形の攻め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空中での体幹の意識

空中でも体を脱力、 かつ安定させておく。 こうすることで取れる範囲も広がり、ショットの伸びも出る。 打とうとするとどうしてもスウィングに入る前に 体に力が入ってしまい ノらない球になってしまう野で注意。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内旋・外旋運動の意識

オーバーヘッド(ハイバックも含む)、 ドライブ、プッシュなどにおいても内旋、外旋運動をもっと意識すべき。 しなりを伝えるイメージの他に、 上腕の回転を加える意識を持てばOK。 ドライブ、プッシュなどではかなり細かく速くが必要になる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安全に行き過ぎて、相手に前に詰められて逆にリスクが増えている。心理的にガツガツ行くべき!

ミスを減らそうとして半歩分タッチが遅れている。 つなぐ≠テンポを遅らせることではない、 テンポを上げてガツガツ行くべき! 気持ちが入らないと上記のようなプレイになりがち、 自分で声を出して前へ前へといこう!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上半身のコントロール意識

みぞおちの移動だけでなく、 そこから先につながる上半身全体にも 意識を通しコントロールする。 サーブレシーブの時がイメージし易い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォアの飛びつき

左側の腹筋と背筋で壁を作り、 しなりを使って肩甲骨に伝えて小さいモーションで強くスウィングできる。 肩甲骨を閉じて肘を開いていないと、 体の力が伝えられず手打ちになってしまうので注意。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェイントに引っかかった時は

従来の動き出しは、 みぞおちの平行移動→腰への伝導だが、 フェイントに引っかかった時は 重心が逆に向かっているので、 着地と同時に骨盤の前面を潰して足を緩ませたまま 後ろ側の骨盤の付け根~お尻を使って 骨盤を最初にシャトル方向に向けて、 その動きをみぞおちに伝えるという逆の動きになる。 足を緩ませて骨盤の後ろ側の付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォア側ロブの体幹からの力の伝え方

腕を引いて肩甲骨のやや外側に力をしっかりタメて 前でスウィングするイメージ。 ここにためれないと 腕の力で振るだけになってしまい、高さも飛距離も出ない。 体に近いところで打ってしまいがちなので しっかり懐にスペース作って前で捉えるようにしよう。 クロススマッシュの練習の時に意識しよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全ての移動は最初にみぞおちのあたりにある重心を平行移動させ、それを下半身につなげる感覚

  足が最初ではなく  みぞおちにある重心をほんの少し移動させ、  その移動を腹筋を使って腰に伝えてやる感じ。   重心~腰へのつなげ方は、  コンディショニングのトータルヒップのイメージで、  重心移動を腹筋を使って伝える感覚。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1つ上に上がるための体の使い方

球が来た瞬間の力みがあって、 手先で打つ形になっている。 脱力、及び骨盤の前をしっかり潰しておき、 予備動作なしで動きだせるようにしておくことが大事。 そのためにはギリギリまで待つことと観ること、 体幹を一瞬で動かす意識を持つ。 現在は、球が来ていない時には重心が浮いてしまっている。 これにより、球が来てか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空中での体重移動

ステップを踏んで打つ直前の最後の一歩での 空中の体重移動が、 ショットの威力、精度に大きく影響する。 体の中心からシャトルに向かって 波打たせて力を伝えるイメージが大事。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体をしなやかに使う、とは

腰の大元をすり抜けさせる感じ。 ただ回転するのでは速く強くは出来ない。 各筋肉を一斉に使うのではなく、 方向をタイミングを1つの動きに向けて別操作する感覚が必要。 (キネティックチェーンってこれのこと言うんだろな) 1つの動きに向けて別操作する、 ということは腰の大元だけでなく、 お腹から肩にかけてのしなりも常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリアーの打点

-------------------------引用------------------------------ 日本では普通、フォア後方にシャトルが飛んできたら、 早く落下点の位置に下がり斜め前に打点を取って打つ、 バック後方に飛んできても同様に斜め前に打点を取つと指導するだろう。 フォア後方にシャトルが飛んできたら体を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンパクトなスウィングとは

-----------------ヌサマハスリの練習内容より引用------------------- コンパクトなスウィング、これはよく日本でも言うことであるが、その内容が少し違っている。 多くの日本人選手はこれができてないので、すべてのショットコースがばれてしまっている。  ここでフォアでのロブの打ち方を例に取り言葉での説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュの身体操作

スマッシュは左阪神にギリギリまでためる感じで、 最後の一瞬に少しだけ入れる! 前に出すんじゃなくて、入れる。 詳細にいうと入れる、は 体の軸を人ごみのすり抜けの感じでしならせて、 不要な部分は脱力したままの感じ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more