テーマ:特別講習

パーツごとの重心位置を考える

体全体の重心だけでなく、 各部位の重心がどこにあるかを意識する。 腕であれば腕の付け根、 足であれば足の付け根。 重心がある位置をコントロールすれば 末端は勝手についてくる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中間~ハーフ構え直しの速度向上

ラケットヘッドのフレームを相手に見せておき、 インパクトの瞬間にのみシャトルと面を合わせる。 引くときには面を起こさずにそのまま肘を引くことで 早い戻しが可能となる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角度の付け方

角度をつけるショットは 押し出すんじゃなくて、 シャトルを包み込む角度を作るために 肘と手首を斜め後ろへ跳ね上げる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

へその下(下腹部)は締めておく

 下半身や骨盤の力を伝えるためには、  接続点である下腹部がブレていては力が伝わらない。  グリップがゴムでできたラケットではたいても力が伝わらないから  痛くない。  グリップ部分が固いからラケットではたくと力が伝わる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1点の重み

 序盤の1点と終盤の1点は同価値ではない。  序盤に相手の苦手なポイントを探せたとして、  そこで引き離したとしても  徐々に相手も慣れてくる。  そうなるとゲーム終盤に改めてポイントを探さなくてはならない。  序盤にポイントを見つけても、  そこを隠したままシーソーゲームでもつれこみ、  仮にそれ以外のポイントを探せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選択肢を複数持つ

 打つ直前に相手や状況を見て判断して  次点のショットを選べるようにしておく。  相手を、状況を見る、シンプルな動きで後出しが出来るように  意識しておく。  打つことに精いっぱいでは出来ない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォア奥からのショット

 ヒザを深く落として(抜いて)から  骨盤を流して体重移動を行い加速する。  打つ直前にもう一度体重移動を行いショットにつなげる。  グリップをどこまで奥に差し込んで準備するかによってドライブか  クリアーかが決まる。  ドライブは引く(角度により調整)、  クリアーは真下に引いて跳ね上げるイメージ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重移動は2段階

 動き出しで体重移動を使うが、  ショットを打つ直前にもう1段階体を入れる事で  動きの加速及びショットの威力向上が図れる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つなぎの判断

 早い位置でタッチするのが正解とは限らない。  後だしで判断することも正解の一つ。  手元までしっかり待ってサイド奥まで返す、  クロスのショートに逃げる、  早いタッチで落とす、  打ちにくい高さを狙って打たせる、  相手の得意なポイントを避ける、  などつなぎ方はいろいろある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地面ギリギリのロブ

 ヒザを深く落とし、骨盤へその力を流して動き出す。  この流れに逆らわず腕(ラケット)をシャトルの方向へ持っていき、  最後の瞬間に引く動作で打ち上げる。  グリップを低い位置までもっていかないと  跳ね上げられないので注意。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

跳ね上げるロブ

 しっかり下から入って上げるときには、  腕を振り回すのではなく、  ヒザ落とし→骨盤流し→体を寄せる→ラケットを流れに任せて寄せる、  からの肩・肘・グリップを引いて跳ね上げる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒザを深く落とし、骨盤への体重移動と運動方向を加える

 動き出しが悪いのは、  シャトルがどちらに来るか判断しないうちに  筋力に頼って床を蹴ってしまうから。  どちらに来るのか判断し、  瞬間的に膝を深く沈めてから骨盤へ伝える事で改善される。  これはネットくぐりで身に着ける。  少し離れた位置に立ち、  深く膝を落とした勢いで骨盤を進行方向へ流し、  進行方向へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

・骨盤及び背中の反りをつかむ

 ヨガポールでもテニスボールの筒でもいいので、  腰のすぐ上に置き、  首から順に背骨を1本ずつ持ち上げていく感じ。  手は広げて置き、胴体が持ち上がるにつれて引っ張られてくるのに任せる。  戻すときは腰の方から背骨を1本ずつ戻していく。  腕が最初に落ちてこないように注意。  これを腰の上、背中、背中上部、肩甲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インパクトを強める

ポールの上下運動を意識して、 ただ肘を直線的に出して引くのではなく しならせて肘を出す→しならせて肘を引く ということが重要。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コート奥からの詰め方

コート奥からコート前へ行くにしたがってテンポが上がるはずなのに それを意識できていない。 結果、次の球への用意が遅くなり バックアウトしたりミスしたりということになる。 1,23くらいのイメージでテンポを上げていこう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛びつきの体と面の使い方

 シャトルを追い越して打ってしまってるので、  打つ直前の無重力地帯を意識して空中で0.5秒止まることを覚えよう。  ・フォア側   逆足でバランスをとる事、   かつ逆手でラケット方向と逆の勢いを足してやる事。   逆手はラケットヘッドの長さが無い分、   利き手より早く動かすくらいのイメージじゃないと   体のバラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肘を開かずにフォア側を処理する

 肘を引く動作でそのまま打つ方法、  これは以前やったけども意識も持ち方を変えてみる。  このうち方は体の奥で処理できるので、  バックで最速タイミングを狙い、  フォア側に来たらこの打ち方でドライブ/クロスショートを狙う。  この時にグリップとラケットヘッド下側フレームを起点として小さい回転半径での  打ち方を覚え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット前への柔らかい返球

 ストレートネットへの返球は体~腕の動きをつかい  そのまま上側を軽くなでるようにすることで短く返せる。  クロスネットへの返球はシャトルの後ろ側を内側から外側へ  なでる事で短く返せる。  (バックでのクロスカットは下から上に撫で上げる)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意味のある変化とは、そしてそのための準備

相手を見ないで、 バックに打ったから次はフォア、 というのは相手を見ていない意味のない変化。 相手の構え、 タイミングの取り方を見て 自分が何をしたら効果的なのかを常々意識してやらなければ。 半面のプッシュでもドライブでも、 長い球で押し込めるのか 短い球で崩すのか等いろいろある。 これらを行うために、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不意のコート奥が何故取れないのか

ネット前よりも時間があるはずなのに その場から動けない事がある。 これは、ステップを踏むタイミングが早すぎるから。 打ち出されていない=どの方向にいっていいか 分からない状態で蹴るから腕に伸び上がるしかなくなっている。 もっとゆっくり待ってから一気に蹴るように 意識しよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイミングが取れない打ち方への対処

わかりやすいタイミングで打ち出されたものに対しては かなり広い範囲で取れている。 タイミングを外された時に、 蹴るきっかけを失うと途端に守備範囲が狭くなる。 そういう時には膝を抜いて重心を崩して 取に行く意識が必要になる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレーの幅を出すためにシャトルキャッチを応用

シャトルが面に乗ってから吸収する感じを応用すれば幅が出せる。 ヘアピンでやればタイミングずらしてのクロス、 ネット前で後ろに吸収すれば ネットギリギリの球を落とす、 という事が可能になる。 いずれも最速の位置から 吸収してタイミングをずらす感じ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュレシーブ、センターの球のクロスへの引っ張り方

今はセンターを向きすぎてるのでクロスに返しづらくなってる。 サーブアレーの端を向くくらい横を向いておくと返しやすい。 フォア、バックともに自分の体の外へ引いて打つ。 この時に体幹と足で後ろへ崩れないように耐えて一気に前に出ること。 打つのはカウンターだしね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more